サーフィンの歴史がわかる!意外に知らない波乗りヒストリー

最近では東京オリンピック競技大会にショートボードの男女が追加種目として選ばれたことや、ヨガや体幹トレーニングなど健康面からもメディアに露出することが多くなったサーフィンですが、

いつ頃からどのようにサーフィンがポピュラーなスポーツになって行ったのか?その歴史について知る人は多くありません。

今回は知ると奥が深いサーフィンの歴史に迫っていきたいと思います。

サーフィンの起源は古代にある

サーフィン発祥の地

サーフィンを発明したのは一体どこの誰なんでしょうか?

実はサーフィンには大変古い歴史があり、未だ解明させていない部分が多いのも事実です。しかし、一説によると少なくとも西暦400年頃にはサーフィンの原形のようなものがすでに存在していたようです。

そして、このスポーツを発明したのは、ハワイやタヒチに住んでいた古代ポリネシアの人々と言われています

サーフィンが始まった由来

海の民といわれる古代ポリネシアの人々は大航海時代といわれたコロンブスやマゼランの時代よりもはるか以前から大洋を航海する高度な技術を持っていたようです。そのような彼らの発明の一つにアウトリガーカヌーがあります。

カヌーの片側を支持する浮の着いたこのカヌーは転覆に強く、彼らはこのカヌーで珊瑚礁の外へ漁に出かけたと言われています。珊瑚礁には毎日のように波が押し寄せているので、その押し寄せてくる波に乗るという行為が今のサーフィンの原型となっているのかもしれません。

このように漁業の技術の一つであったその波乗りが、いつのまにか娯楽として一人歩きを初めて、そしてカヌーは次第に小さくなり、オロとかアライアと呼ばれるサーフボードの原形が誕生したのだと思われます。

アライアは、原木から削り出しただけのシンプルなサーフボードで僕もいつか乗ってみたいボードの一つです。

これらから、ポリネシアの民族が子供や孫へ波乗りの楽しさを伝えていき現代のサーフィンへと進化を遂げていったのかも知れません。

私たちが海と向き合い笑顔でサーフィンをすることができるのは、古代ポリネシア人々がこの文化を伝えてくれたからでしょう。

しかし、現代のサーフィンにたどり着くまでに何もなかったのかというと実はそうではありません。

古代サーフィンの終焉

サーフィンは一度世の中から消滅した

ヨーロッパ人で初めてサーフィンを目撃したのはイギリス人の探検家ジェームス・クック船長とさせていて、そのヨーロッパ人がハワイやタヒチを探検中にサーフィンしている漁師達の姿を目撃したとの航海日誌も残されています。

しかし残念なことにその発見により、ヨーロッパの文化や宗教も同時に島に押し寄せることとなり、宣教師たちはの布教の妨げになるなどの理由からサーフィンが禁止され、事実上この時に古代サーフィンは終焉を迎えたとされています。

現代サーフィンの誕生秘話

サーフィン復活に功績を残した人物

ジェームス・クック船長は1779年の2月に亡くなったとされているので、歴史をたどっていくと、少なくとも一旦終焉を迎えるまでに約1300年以上の歴史があったことが想定できます。

そしてそのサーフィンが復活を遂げるのが、終焉から300年以上先の20世紀初頭とされています。

この現代サーフィン誕生については詳細は定かではないのですが、教会の阻止もあった中で、復活を遂げたのには並大抵の講義や行動ではなかったことが想像されます。

その復活の主要な役割を担ったのが、カハナモク家の長男「近代サーフィンの父」と呼ばれるデューク・カハナモクです。

デューク・カハナモクの功績

サーファーとしてそしてスイマーとして、卓越した技術を持っていたデュークは1912年にストックホルムオリンピックのアメリカ代表として出場し 100mm自由形で世界新記録を容易に達成します。

しかもそれから17年間世界一の座を維持し続けました。これは現代で考えたらとてつもない偉業と言えるでしょう。

そして、世界的なスターとなったデュークは世界の水泳競技大会に招待されるようになり、その招かれた国々でチャンスがあればサーフィンをしてこの素晴しいスポーツの普及に努めていったとされています。

その結果、現地の人々の間で再びサーフィンが楽しまれるようになり、さらにサーフィンを見た移住者からも人気を集めていきます。

ジョージ・フリースの功績

サーフィンが世界に広まるきっかけを作った人物として、ハワイからカリフォルニアに移住したジョージ・フリースも大きな存在とされています

彼はカリフォルニアに始めてサーフィンを伝えた人物でカリフォルニアのハンティントンビーチで初めてサーフィンのエキジビションを行った人物です。カリフォルニアの最初のライフガードになり、1907年には日本人の漁師を七名救助したという記録も残っています。こうした背景にハワイも急速な観光地化に伴ってライフガードの組織化が必要となって行ったんでしょう。

日本サーフィンの歴史

日本にサーフィンが広まった日

日本では1950年代後半から、主に在日米国人が湘南や千葉外房の海岸でサーフィンするのを見て、若者が興味を示すようになったのが始まりとされています。実は古代サーフィンの歴史から考えるとまだ、60年ほどの浅い歴史と言えます。

外国人がサーフィンする姿を見た地元の少年たちが模倣して自作のボードで初めたのが最初だといわれています。

そしてそのサーフィン愛好家達によって、64年には日本サーフィン連盟が発足、66年には千葉県鴨川町(現・鴨川市)で第1回全日本選手権が開催され、1970年代のサーフィンブームへと繋がっていくのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ここまでサーフィンの歴史についてお伝えしてきましたが、自然を愛し、波乗りを愛する、その気持ちは長い年月を費やした今なお、サーファー達の心に刻まれ、引き継がれています。

古代歴史からたどっても板で波を乗りこなす。そのシンプルな行為自体にも大きな変わりはなかったのです。

伝えてくれた先人達がいたからこそ、そして、自然を愛し海を大切に守り続けてきたからこそ、私たちは今もこうして、笑顔でサーフィンをすることができるのでしょう。

歴史を振り返ってサーフィンをいつもと違った角度から見てみると、フラットな海に浮いているだけでも感謝の気持ちと笑顔が溢れ出てきそうですね。

オススメ関連動画

関連動画:サーフィン初心者から上級者まであまり知られていない波乗りの歴史!古代から現代サーフィンのヒストリーを知ろう

 

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

おすすめの記事