サーフィンは初心者一人でも始められる?メリットと気を付けたい事まとめ


自由に波を乗りこなすサーファーに憧れ、自分もサーフィンを始めてみたいけど、周りに頼れるサーファーはいない。そんな状況の中、一人でもサーフィンを始めることは可能なのでしょうか?

答えはYES。そして、一人で行くサーフィンには大きなメリットもあるんです!

今回は、サーフィンを初心者一人で始める方法と気をつけて欲しい事をまとめました。

記事の内容

  • 初心者一人でサーフィンを始める方法
  • 一人でサーフィンに行くメリット
  • サーフィン初心者が気をつけて欲しい事

サーフィン初心者が一人で始めるなら、まずはスクールへ行こう!

年齢、性別関係なくサーフィンを始めたいと思ったら、誰でもサーファーになれます。周りにサーフィンに関して頼れそうな人がいない場合、最初はサーフスクールに通う事をおすすめします。

多くのサーフショップでは、初心者向けのサーフスクールを展開しています。

最初から高いサーフィン道具を買い揃えなくとも、サーフスクールで必要な道具をレンタルする事ができます。

また、経験豊富なインストラクターが正しい基本動作を教えてくれ、波に乗るところまで親切なサポートやアドバイスをしてくれます。

スクールで安全にサーフィンの楽しさを体感する事ができると、サーフィンというスポーツをこれから続けられるのか自分で判断できますよ。

さらにサーフィンのルールや海に潜む危険も細かく教えてくれます。

車を持っていない方は、送迎サービスのあるサーフスクールを選ぶと良いでしょう。

サーフスクールについて、もっと詳しく知りたい方はこちらサーフィン初心者必見!スクールに行くべき理由と選び方

波乗り太郎
波乗り太郎
サーフィンに必要な道具は、サーフィンを続けられそうだと思ってから、買うべきなんだね〜

そうだね!サーフィンの道具って揃えると結構お金かかるんだ。海に入るのはタダだから、道具さえ揃えれば、その後はあまりお金はかからないよ
LABO君
LABO君

サーフィンに必要な道具、初期費用が知りたい方はこちら【2019年版】サーフィン初心者必見!必要な道具と初期費用とは?

一人でサーフィンをするメリット2つ

LABO君
LABO君
友達と行くサーフィンも楽しいけど、一人でサーフィンに行く事で大きなメリットがあるんだ!

そうなの!?どんなメリットがあるんだい?
波乗り太郎
波乗り太郎

メリットその1.行きたい時に行きたい海へ行ける!

サーフィンは波という自然を相手にする為、同じサーフポイントがいつも良い波とは限りません。

友人や家族と一緒にサーフィンに行くと、より波の良いサーフポイントへ移動したくても、一緒に来ている人の事を考え、我慢するなんて事が多くなるものです。

一人であれば、納得のいくまで波を探し続けられ、その日最も波の良いサーフポイントで好きなだけサーフィンができます。

メリットその2.友人の予定に合わせる必要もない!

友達と一緒にサーフィンに行くと、自分が満足のいくまで練習する事ができないかもしれません。

理由は、一緒に入っていた友達が先に海から上がった後に、自分がいつまでも海に入っていると、友達を待たせてしまう事になるからです。また、その逆も然り。

友達は待ち疲れて機嫌が悪くなり、帰り道は気まずい車内に...。

たとえ、満足するまで練習ができたとしても、後味の悪い日になってしまいますよね。

友達とサーフィンに行く事はとても楽しいですが、一緒の車で海に行く場合は、あらかじめ海から上がる時間を決めておくのが望ましいですよ。

一人でサーフィンに来れば、友達や時間を気にしないで、サーフィンに好きなだけ集中できます!

初心者一人でサーフィンをする際に気を付けるべき事

波乗り太郎
波乗り太郎
一人でサーフィンに行くと、時間を気にしないでサーフィンだけに集中できるね!

でもね、初心者一人だけでサーフィンをするという事は、万が一危険に遭っても周囲に気付かれにくい為、気を付けなければいけないよ
LABO君
LABO君

波乗り太郎
波乗り太郎
そっか〜、確かに危ないね。初心者はどんな事に気をつけるべき?

それでは、サーフィンをする上で特に気をつけて欲しい事を詳しくチェックしていこう!
LABO君
LABO君

沖へ流されてしまう危険な潮の流れカレント(離岸流)

サーフィンをする際に、特に気をつけて欲しい海の中で発生するカレント(離岸流)は、岸から離れるように沖へ流れる危険な潮の流れの事です。

沖に流されて遭難してしまったり、テトラポッドに巻き込まれるなど、カレントが原因の事故が海で度々起きています。

カレントは波がブレイクした後に、沖に向かって(または横に向かって)流れる水の動きによって発生します。

水深が深く、波がブレイクしていない場所や、テトラポッドなどの近くに発生している場合が多いです。

テトラポッドに沿って沖に流れるカレントを利用して、楽に沖に出る方法もありますが、初心者はテトラポッドに近づかないのが無難でしょう。

サーフポイントや、日々変わる海底の地形や潮の満ち引きの影響で、カレントの発生場所や強さは変わります。

ですので、海に入る前に、どこにカレントが発生しているのかチェックをする事が非常に大切です。

まずは、海に入っているサーファーを見て、カレントに流されていないかチェックすると、その日のカレントの向きや流れの速さを把握する事ができます。

波がブレイクしていない場所ゴミなどの浮遊物が溜まっている場所は、カレントが発生している可能性があり、川から水が流れ込んでいる場所にも注意が必要です。

海から上がってきたサーファーにカレントの状況を聞くのも一つの手ですね。

カレントの状況を把握し、比較的安全そうであれば海に入ります。海に入ったら、後ろを振り向き、岸にある建物や木などを目印にして、景色を覚えましょう。定期的に後ろを振り向いて、海の中で自分の位置を把握する為の目安となります。

カレントに流されてしまった場合の対処法

沖へ流れるカレントに乗ってしまい、どんどん沖に流されていると気づいたら、岸方面ではなく、岸と平行の方向へ、落ち着いてパドリングして下さい。

沖へ向かうカレントの幅は大体、10mから30mの幅です。従い、横方向にパドルする事で、沖方向へ流れるカレントから脱出できます。そして、波がたくさんブレイクしている場所を目指しましょう。

もし、岸に戻れないほど沖に流されてしまった場合は、落ち着いてサーフボードの上で体力温存しつつ、近くに船や救助のヘリが来た時に、全力で助けを呼びながら手を振って、自分の位置を知らせましょう。

そうならない為にも、波をチェックした時にカレントも合わせて確認する事を忘れずに!

波が大きいとやはり危険!「波のサイズ」

波のサイズが大きいと大抵の初心者の方は入りたくないと思われますが、中には波が大きくても勇気を出してストイックに海に入る初心者サーファーもいるでしょう。

または波の大きさが分からず、入ったら想像以上に大きな波で驚く方もいるかもしれません。

日本の波のサイズの測り方は、サーファー(成人男性)が波のボトム(波の一番下の平らな場所)にいる時、波の高さがサーファーの体のどの部位に当てはまるかで決まりますが、実際は結構アバウトで人によって基準が異なる為、大体の目安と考えてください。

そして、波のサイズが大きくなるにつれて、沖に出るのがハードになり、波に巻かれた場合は、水面に出てこれるまでの時間が長くなります。

たとえインサイドの練習でも、波が大きくなるとその場を維持するのが難しくなります。

初心者に適している波のサイズとして、膝から腰のサイズを目安に練習する事をおすすめします。

反対に、波のサイズが胸以上になったら、初心者の方は用心して海に入りましょう。波のサイズが大きくなると、海の中で動く水の量も多いので、カレントの流れも強くなる傾向にあるので、注意が必要です。

海に入らないのも勇気が必要ですが、無理そうだなと思ったら波が小さくなるのを待ちながら、他のサーファーの見学をしましょう。

人の多さからリスクを把握!「人との衝突事故」

サーフボードの扱いに慣れていない初心者サーファーの方は、海の中で他のサーファーと当たってしまう事故を起こす可能性が高いです。

原則として、沖から来るサーファーのライディングコースの邪魔にならないように大回りしながら沖に出ますが、止むを得ずサーファーのライディングコース上にいる場合は、サーファーの邪魔にならない波のブレイクしている方向とは反対側(スープ側)に全力でパドルして避けなければなりません。

波をくらう事にはなりますが、マナーとして心がけましょう。

しかし、波のブレイクしている方向に全力でパドルした方が危険と判断した場合はこの限りではありません。時に臨機応変な対応が必要ですが、このシチュエーションにならないように、周囲の状況を把握し、考えながら移動しましょう。

海に入る前に、入っているサーファーの数や場所を見て、沖に出るコースを考えますが、海に入っている人が特に多い場合は事故のリスクが高いと判断できます。

そして、もしものサーフィン事故に備え、サーフィンを始める方は、自賠責保険や傷害保険へ加入する事を強くおすすめします。相手に大きな怪我を追わせてしまい、多額の賠償請求をされてしまうかもしれません。特に自賠責保険は絶対に入っておきましょうね。

世界共通のサーフィンルール!「ワンマン・ワンウェーブ」

複数の人が1本の波に乗るとケガの恐れがあると同時に、前方にサーファーがいるとライディングの邪魔になってしまう為、1本の波には1人しか乗れない「ワンマン・ワンウェーブ」というルールがサーフィンには存在します。

波が最初にブレイクする場所であるピークから最も近いサーファーが波に乗る優先権を持ち、どんなに良い波であっても、優先権を持つサーファーが波に乗ったら、他のサーファーは波に乗る事ができません。

もし、優先権のあるサーファーが乗っている波と同一の方向に乗ってしまった場合は、前乗り(ドロップイン)というルール違反を犯す事になり、トラブルの原因になってしまいます。

波にテイクオフ(サーフボードに立つ時)する時は、自分よりもピーク側からテイクオフするサーファーがいないか左右の確認をする事がとても大事です。

気付かずに前乗りをしてしまった場合は、気付いた時に速やかに波から降り、後で後ろにいた優先権を持つサーファーに謝りましょう。

なお、波のピークから左右にブレイクする波は、左右の方向でそれぞれ1人ずつ乗る事ができます

気持ちよくサーフィンをする為に、周囲の確認と譲り合いの精神を忘れない事が大切です。

まとめ

波乗り太郎
波乗り太郎
海の中では危険を把握する事がとっても大切だね!

そうだね!自分のレベルを考えて、入る海を選ぼう!
LABO君
LABO君

そして、海に慣れるまでは、サーフスクールに通う事をオススメするよ!
LABO君
LABO君

波乗り太郎
波乗り太郎
ありがとうLABO君!最高なサーフィンライフを送れるように、僕がんばるよ!

サーフィンは難しいけど、楽しむ事を忘れないでね!
LABO君
LABO君

初心者がサーフィンを始める際は、まずはスクールに通う事をおすすめします。

理由は、

  • 決して安くはないサーフィン道具をレンタルする事ができる。
  • 安全な波乗り体験ができ、サーフィンを続ける事ができるか判断できる。
  • サーフィンのルールや、海に潜む危険を教えてくれる。

などの大きなメリットがある為です。

また、一人でサーフィンに行けば時間を気にせず気ままに練習に集中することができ、上達も早いでしょう。

しかし、海難事故や衝突事故などの危険性もあります。

特に気をつけてほしい事は以下の3つです。

  • 沖へ流されてしまう「離岸流(カレント)」
  • 波のサイズ
  • 人との衝突事故

 

細心の注意と最低限の知識をスクールなどで学び、初心者一人でも、最高のサーフィンライフのスタートを切る事ができます!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 【海外版】サーフィン初心者から人気のサーフスポットランキング
  • ファンボードでぐんぐん上達!サーフィン初心者におすすめの板3選
  • 【初心者向け】40代でサーフィンを始めるべき理由
  • 初心者必見!湘南のおすすめサーフィンスクールとポイント
  • リラックスサーフィン
    初心者でもすぐ立てる!サーフィン上達の練習の仕方とは
  • サーフィン初心者必見!手軽に体験できる5つのおすすめスクール
おすすめの記事