アル・メリックのパフォーマンス系フィッシュ「CIフィッシュ」の性能とは

アイキャッチ画像出典:Youtube

従来のフィッシュと言えば、分厚いボリュームを持つクルージングに適したボードというイメージを持ちますが、近年ではショートボードのようなパフォーマンス系フィッシュが各ブランドから登場しています。

今回ご紹介するチャネルアイランドの「CIフィッシュ」は、従来のモデルを進化させた驚きのパフォーマンス性能を持つフィッシュとして、世界中のサーファーを虜にしています。

高性能なフィッシュをお探しの方、必見です。

記事の内容チャネルアイランドの「CIフィッシュ」解説

パフォーマンス系ボード「CIフィッシュ」とは

画像出典:楽天

元々、チャネルアイランドからはレトロなツインフィッシュモデルがリリースされていましたが、パフォーマンス系へ改良し、進化させたモデルが「CIフィッシュ」になります。

CIフィッシュは従来のレトロフィッシュよりも全体的に薄くし、ボリュームを落としているデザインで、フィッシュが元来持つ加速性はそのままに、ターンやリッピング性能が格段に向上しているボードです。

ボリュームは落としてありますが、通常のショートボードと比べると幅が広い分、安定感があり、パドリング時もスムーズに進みます。

もちろん小波でも波のパワーを受けやすいので遊べ、ブレイクが早い波でも加速力が抜群なので捕まらずに次のセクションへと進めます。

レールはロウ~ミディアムと通常のフィッシュよりも薄めなので、レールの切り返しが楽で初心者でも問題なく乗る事ができます。

また、フラット気味のロッカーがついた事で、スピード感を失わずにアクション性がUPしており、クリティカルなリッピングも可能になっています。

画像出典:Youtube

大きな特徴のワイドなフィッシュテールは、ターンの際に支点となり、よりクイックなターンが可能になっています。

ドライブを効かせたターンのルース感は他のボードでは味わえない独特のフィーリングで、メインボードとして使っているサーファーも多いです。

CIフィッシュのサイズを選ぶ際は、普段のボードより少しオーバーフロートのサイズを選ぶ事で、CIフィッシュの乗り心地とパフォーマンス性能が楽しめ、安定したサーフィンができます。

CIフィッシュの対応コンディションは以下の通りです。

波のサイズ:ヒザ~頭

ブレイクの種類:ビーチブレイク/リーフブレイク/ポイントブレイク

波乗り太郎
波乗り太郎
波の小さな日本のビーチブレイクでも楽しめるボードなんだね!

縦の動きもできるから、リップアクションも可能だよ
LABO君
LABO君

CIフィッシュに最適なフィン

画像出典:Instagram

フューチャーフィンからリリースしているアルメリックのテンプレート「CI TWIN KEEL」がCIフィッシュと最も相性の良いフィンです。

CIフィッシュの関連動画

まとめ

画像出典:Youtube

今回ご紹介したチャネルアイランドの「CIフィッシュ」は、レトロなフィッシュよりもボリュームを落とし、アクション性能を向上させたパフォーマンス系フィッシュとしてリリースされました。

従来のフィッシュが持つ抜群の加速性はそのままで、小波でもしっかり波のパワーを受ける事ができます。

乗り心地やターンのフィーリングがやみつきになるサーファーも多く、チャネルアイランド(アル・メリック)のモデルの中でも、今年特に人気のあるモデルの一つです。

純粋に波乗りを楽しむ事ができるフィッシュボードで、アクションを楽しみたい方、よりクイックなターンがしたいと思われている方に最適なので、検討してみてはいかがでしょうか?

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 読書の秋!サーフィン初心者から経験者まで楽しめるおすすめ本5選
  • サーフィン中に通話できる海水対応防水ギア「NYSNO-100」とは!?
  • サーファー注目サプリメント「クレアチン」でパドリング瞬発力UP!
  • 車のサイドミラーに掛けるだけ!便利ウェットスーツラック「MALO’O DryRack」
  • サーフキャンプに最適!サーフィン疲れを残さないおすすめ車中泊マット
  • アル・メリックのパフォーマンス系フィッシュ「CIフィッシュ」の性能とは
おすすめの記事