チャネルアイランズ(アル・メリック)の高性能サーフボード「HAPPY」

アイキャッチ元画像出典:cisurfboards

多くのトップサーファーが絶大な信頼を置き、アル・メリックが創設した世界的サーフボードブランド”チャネルアイランズ(CI)サーフボード”。

今回は、チャネルアイランズ史上No1ハイパフォーマンスモデルとの呼び声もある今年リリースした「HAPPY(ハッピー)」をご紹介します。

数あるパフォーマンスボードの中でも特に高性能なモデルで、自由自在なマニューバーを描く事が可能です。

記事の内容チャネルアイランズの最新パフォーマンスモデル「HAPPY」の特徴、テストライド動画

チャネルアイランズ(アル・メリック)の最新パフォーマンスモデル「HAPPY」

画像出典:surfstationstore

チャネルアイランズの最新パフォーマンスモデル「HAPPY(ハッピー)」は、もともとデーン・レイノルズ向けのボードとして、2年の歳月をかけてアル・メリックの息子、ブリット・メリックが完成させたデザインのモデルです。

チャネルアイランズの現行モデルの中でも突出したパフォーマンス性能を誇り、更に上のレベルを目指すサーファーやコンペティターにお薦めモデルです。

ノーズロッカーは弱めで胸下にボリュームを出した事でパドリングでの移動が速くなり、テイクオフ直後からトップスピードに加速します。

一方テールロッカーはかなり強めに入り、テールエリアはかなり薄めにデザインされているため、トップスピードでもボードの操作性を極限まで高めており、波のポケットで忠実なマニューバーが描けます。

さらに、ハッピーのテールエリアには”ハッピーパッチ”と呼ばれる水色のカーボンが施されています。

画像出典:cisurfboards

通常のカーボンパッチですと、強度を保つ為にテールの両側に施されますが、ハッピーパッチは後ろ足のつま先部分の最も圧力がかかる部分のみに施すカーボンパッチなので、テールのフレックス性を引き出し、ターンのパフォーマンスが向上します。

コンケーブはシングル〜深めのダブルで、テールエンドはフラットです。

このコンケーブで加速とコントロール性の完璧なバランスがとれ、究極のマニューバーが可能になります。

実際にCTサーファーのイズキール・ラウがハワイのノースショアのサンセットで開催されたVANSワールドカップでステップアップ版のHAPPYを使用し、見事2度目の優勝に輝いており、ビッグサイズの波で性能が証明されています。

日本ではノースショアのようなビッグコンディションになる事は少ないですが、サイズさえ調整すれば日本の小波のようなコンディションでも優れたパフォーマンス性能を発揮し、オールラウンドに使える一本となります。

画像出典:cisurfboards

波乗り太郎
波乗り太郎
さらに上のレベルのマニューバーを練習したいサーファーにとって、調子良さそうだね!

トップサーファー達によるテストライド動画で、その性能を見てみてね
LABO君
LABO君

トップサーファー達によるHAPPYのテストライド動画

まとめ

画像出典:reversepeephole

以上、チャネルアイランズのパフォーマンスモデルの中でも特に高性能なボード「HAPPY(ハッピー)」のご紹介でした。

2年の歳月をかけてアル・メリックの息子であるブリット・メリックが完成させたデザインで、多くのトップサーファーが性能を認めているモデルです。

ボードの細かいサイズを調整する事で、日本のアベレージサイズからビッグウェーブまで使えます。

一つ上のレベルを目指すサーファーや多くの大会に出場するコンペティターの方は、次のボードをHAPPY(ハッピー)にしてはいかがでしょうか?

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 読書の秋!サーフィン初心者から経験者まで楽しめるおすすめ本5選
  • サーフィン中に通話できる海水対応防水ギア「NYSNO-100」とは!?
  • サーファー注目サプリメント「クレアチン」でパドリング瞬発力UP!
  • 車のサイドミラーに掛けるだけ!便利ウェットスーツラック「MALO’O DryRack」
  • サーフキャンプに最適!サーフィン疲れを残さないおすすめ車中泊マット
  • アル・メリックのパフォーマンス系フィッシュ「CIフィッシュ」の性能とは
おすすめの記事