おすすめ注目ブランド!「DRAG(ドラッグ)ソフトボード」特徴&機能

アイキャッチ画像出典:Vimeo

一昔前のソフトボードと言えば、初心者向けの重い練習ボードに過ぎませんでした。

しかし近年では、素材や構造が進化した機能性バツグンのオシャレなソフトボードが多く登場し、初心者のみならず、幅広いレベルのサーファーが楽しめるサーフボードの一つのジャンルとして、世界中でソフトボードがトレンドとなっています。

そこで今回は、オーストラリアで誕生し、日本に上陸したソフトボードブランド”DRAG(ドラッグ)ボードカンパニー”をご紹介!

アンダーグラウンドな雰囲気と個性的なライダー達がインパクト大の注目ブランドで、一味違うソフトボードが欲しい方必見です。

記事の内容

  • DRAG(ドラッグ)ボードカンパニーとは
  • ソフトボードの特徴&機能
  • おすすめソフトボードモデル

注目ソフトボードブランド”DRAG(ドラッグ)ボードカンパニー”

画像出典:DRAG BOARD CO

ある時、オーストラリアNSW州シドニー近郊にあるウーロンゴンのウェットスーツカンパニー「Zion」が全く新しいジャンルのボードを作り、バックウォッシュにチャージしていました。

彼らはサーフィンの新たな可能性を求めるため、更なるボードの進化が必要になります。

それが、「DRAG(ドラッグ)ボードカンパニー」の始まりです。

普通のソフトボードから抜け出したDRAGソフトボードは、個性的なデザインに加え、全く違ったスタイルで波にアプローチできるように、フィンレスサーフィン、ボディボード、ニーボードなど、様々なスタイルを融合させたオリジナリティ溢れる方法で波に乗れます。

あなたの想像力次第で、個性溢れるサーフィンを発揮する事が、DRAGソフトボードならば可能なのです。

波乗り太郎
波乗り太郎
とてもカッコイイソフトボードブランドだね!

ライダーの顔ぶれもみんな個性的で豪華なメンバーだよ
LABO君
LABO君

DRAGボードカンパニーのライダー

画像出典:Youtube

独創的なライディングでフリーサーファーとしてトップレベルのスキルを持つ「チッパ・ウィルソン」をメインライダーに、世界中に多くのファンを抱える「ディオン・アジウス」、スタイリッシュなサーフィンでアウトローなルックスの「クリード・マクタガート」、他にも「ウェイド・グッドオール」、「クレイグ・アンダーソン」等、世界レベルの個性的なサーファーをライダーに抱えます。

DRAG(ドラッグ)ソフトボードの特徴&機能

画像出典:DRAG BOARD CO

従来のソフトボードの特徴である、大きな浮力で波を選ばない汎用性はもちろん、DRAGソフトボードならば、独創的なライディングをサポートし、実現させてくれます。

新しいライディングの可能性を体感できる事が、DRAGソフトボードの始まりでもあり、最大の特徴です。

また、今までのソフトボードには無かったアンダーグラウンドなデザインもDRAGソフトボードには欠かせない要素です。

自分だけの時間を心ゆくまでビーチで楽しめるように、デザインされています。

DRAGソフトボードの機能性

画像出典:Youtube

ソフトボードでありながら、DRAGソフトボードは高いパフォーマンスを発揮できる機能性を持っています。

水の吸収を最大限に抑えるEPSコアが使用され、PEデッキと圧縮補強されたSPERサブデッキで通常のサーフボードと同じような機動性が実現されています。

内部には3本のストリンガーで高い耐久性が確保され、ソフトボードのボトムは高密度ポリエチレンのHDPEスリックで、滑らかな抵抗の無いハイスピードな乗り心地を得る事ができます。

DRAG(ドラッグ)ソフトボードのおすすめモデル

DRAGからリリースされているおすすめモデルをご紹介します。

"DRAG STAR" 6'6 THRUSTER

ラウンドテールの人気モデルDRAG STAR(ドラッグスター)です。

波を選ばずにオールラウンドに使いたい方におすすめです。

ボードスペック

長さ: 6'6、幅: 55.8cm、厚み: 7.9cm、浮力: 55L

"THE COFFIN" 8'0THRUSTER

サーフィンを初めてトライする方にもピッタリな安定感のあるモデルです。

小波でもうねりからテイクオフできるので、一本持っていればどんなコンディションでもサーフィンが楽しめるでしょう。

ボードスペック

長さ: 8'0、幅: 58.42cm、厚み: 8.47cm、浮力: 86L

まとめ

画像出典:Youtube

アンダーグラウンドなデザインと高いパフォーマンスを発揮する機能性が魅力的な、「DRAG(ドラッグ)ソフトボード」のご紹介でした。

フィンレスサーフィン、ボディボード、ニーボードなど、様々なスタイルを融合させたオリジナリティ溢れる方法で波に乗れるDRAGソフトボードでさらにサーフィンライフを彩ってみてはいかがでしょうか?

DRAGボードカンパニーの公式サイトはこちら。

https://www.dragboardco.jp/

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 冬のサーフィンウェットスーツはこの2種類!メリット&デメリットを解説
  • 冬サーフィンの必需品グッズはこの9つ!
  • ビラボンのウエットスーツが人気の理由3つ&おすすめモデル4着
  • サーフィンで使うワックスって?サーフボードワックスの選び方や種類まとめ
  • 小波に最適なサーフボード「PYZEL(パイゼル)/グレムリン」を徹底解説
  • サーフィンに腕時計は必須!おすすめと選ぶポイントはココ
おすすめの記事