小波に最適なサーフボード「PYZEL(パイゼル)/グレムリン」を徹底解説

アイキャッチ画像:Youtube

世界一スタイリッシュなサーファーは誰?という問いに2×ワールドチャンピオンのジョン・ジョン・フローレンスの名前が思い浮かぶサーファーの方は多いのではないでしょうか?

そんなジョン・ジョンが5歳の時から現在まで乗っているサーフボードが「パイゼル(PYZEL)サーフボード」です。

今回はパイゼルからリリースされている小波に最適なサーフボード"グレムリン(The GREMLIN)"を解説!

日本で多いコンディションである小波に向き、安定感のあるショートボードを探しているサーファー必見です。

記事の内容

  • PYZEL(パイゼル)/The GREMLIN(グレムリン)の機能
  • PYZEL(パイゼル)サーフボードの創設者について

小波最強サーフボード!?「パイゼル/グレムリン」

画像出典:Youtube

ジョン・ジョンを世界一へと導いたパイゼルサーフボードのモデルの一つ、ゴースト(The Ghost)のホレた波に適したハイパフォーマンスなボードデザインを引き継ぎ、力の無い小波でも楽しめるように設計されたモデルが「グレムリン(The GREMLIN)」です。

グレムリンの特徴の一つが幅広なアウトラインで、力の無い小波はもちろん、波が厚く割れづらいコンディションや、オンショアコンディションにも向き、十分なボリュームが波の上をグングン加速していきます。

ロッカーはほぼフラットで、小波での素早い加速とパドルの速さもメリットです。

テール付近はロッカーが少し上がっている為、操作性とパフォーマンス性が高まっています。

グレムリンの開発コンセプトは楽なパドリングと素早いテイクオフ、どんな波でもハイスピードを実現し、あなたの理想のサーフィンを叶えてくれる事でしょう。

グレムリンのサイズを決める時は、サーフィンレベルに応じていつものサイズよりも6インチほど短めに、そして幅と厚みを持たせたサイズが機能を引き出せるのでオススメです。

波乗り太郎
波乗り太郎
小波は日本の海で多いし、一本持っているだけでも大きな武器になるね

波が悪くてもドライブを利かせたマニューバーができ、ハイパフォーマンスに仕上がっているボードだよ
LABO君
LABO君

スポンサーリンク

グレムリンのボトム形状が魅力的!

画像出典:PYZEL

グレムリンが持つ大きな特徴がボトム形状です。

ボトムはシングル〜ダブルコンケーブが施され、テールエンドエリアには山のように盛り上がるVEEという形状になっています。

通常VEEボトムはコントロール性能は上がりますが、揚力が発生しづらくスピードが出づらい為、小波用ボードにはあまり採用されない形状です。

しかし、グレムリンのボトムはシングル〜ダブルコンケーブが施され、小波でもスピードが出るような形状になっている為、VEEボトムをテールエンドに施しても問題ありません。

そして、VEEボトムを施す事でレールの切り返しがし易くなり、コントロール性能を最大限に引き出します

波乗り太郎
波乗り太郎
VEEボトムが施されている小波用ボードは珍しいね

複雑なボトム形状だけど、計算し尽くされたデザインなんだよ!
LABO君
LABO君

パイゼル/グレムリンの関連動画

パイゼルサーフボードの創設者について

画像出典:Youtube

世界的サーフボードシェイパーのジョン・パイゼル氏がヘッドシェイパーを務める「パイゼル(PYZEL)サーフボード」。

ジョン・パイゼル氏はカリフォルニア州、サンタバーバラ出身で幼少の頃からカリフォルニアが誇るレギュラーブレイク”リンコン”でサーフィンをし、6才にして世界クラスのサーフスキルを持っていた人物です。

ジョン・パイゼル氏はプロサーファーとしての道を選ばず、地元のサーフショップのシェイパーに影響され、シェイパーの道を目指し、’92年にハワイ、ノースショアに拠点を移します。

ハワイでボードの制作過程を全て手作業でするハンド・シェイプを本格的に開始し、’98年に「パイゼル(PYZEL)サーフボード」を設立。

ある日、後のワールドチャンピオンに輝くジョン・ジョン・フローレンス(当時5歳)が母親と共に店に訪れ、ジョン・パイゼル氏にサーフボードを作って欲しいと頼みます。

それまで子供用のボードを作った事が無かったジョン・パイゼル氏ですが、その頼みを引き受けた事をきっかけに、現在までジョン・ジョン・フローレンスのボードをシェイプし続け、ジョン・パイゼル氏はジョン・ジョンの成長と共に、世界のベストシェーパーの一人と賞賛されるようになりました。

まとめ

画像出典:Youtube

コンディションの悪い波や、力の無い小波におすすめなパイゼルサーフボードのグレムリン。

幅広なアウトラインと十分なボリュームで、どんな波でも安定感を保ったままスピードを出す事が可能です。

さらに、ボトムはシングル〜ダブルコンケーブ、テールエンドエリアをVEEで抜ける為、小波でスピードを付けながらVEEボトムがコントロール性能を大幅UPさせてくれます。

サイズを決める時は、サーフィンレベルに応じていつものサイズよりも6インチ短め、幅と厚さを持たせる事が機能を引き出せるのでオススメです。

日本の海に多い小波を楽しめ、安定感のあるショートボードをお探しの方にトライしてもらいたいモデルです。

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

  • 冬のサーフィンウェットスーツはこの2種類!メリット&デメリットを解説
  • 冬サーフィンの必需品グッズはこの9つ!
  • ビラボンのウエットスーツが人気の理由3つ&おすすめモデル4着
  • サーフィンで使うワックスって?サーフボードワックスの選び方や種類まとめ
  • 小波に最適なサーフボード「PYZEL(パイゼル)/グレムリン」を徹底解説
  • サーフィンに腕時計は必須!おすすめと選ぶポイントはココ
おすすめの記事