砂が下に通り抜けるレジャーシート「スナテックス」ビーチマットにも最適!

ビーチにレジャーシートを敷くと、シートの上に砂が乗ってしまい、体や荷物が砂まみれになってしまったという経験がございませんか?

そこで今回は、そんな砂ストレスのお悩みを解消する魔法のレジャーシート「スナテックス」をご紹介します。

シートの上に乗った砂が下にすり抜ける構造を持ち、驚きの多機能性で人気を集めるレジャーシートです。

記事の内容砂が消えるレジャーシート「スナテックス」の機能性

砂が下に通り抜けるレジャーシート「スナテックス」

もともと、砂漠で米軍のヘリコプターが離発着する際、プロペラの風圧で砂を巻き上げないように開発された「スナテックス」。

画像出典:スナテックス®︎

写真の通り、スナテックスを下に敷く事で砂が巻き上がらず、視界が悪くなる事を防いでいます。

その後、スナテックスはその機能性や耐久性が民生用に転換され、ビーチや本格的なアウトドアで活躍するレジャーシートとして誕生しました。

波乗り太郎
波乗り太郎
なんで砂がそのまま下に落ちるの!?

それはね、特殊な構造にあるんだよ
LABO君
LABO君

スナテックスの構造

画像出典:スナテックス®︎

スナテックスは、特許取得の特殊2層織りメッシュ構造で、織り方が異なるメッシュ生地を重ね合わせた構造になっています。

この特殊なメッシュ構造のおかげで、シートの上に乗った砂はそのまま下に落ち、シートの下からの砂は一切通さない為、ビーチで快適に過ごす事ができます。

さらに、風が強くなりがちなビーチでの使用でも、メッシュ構造の特性でシートがパタつきにくく、風に強いというメリットがあります。

スナテックスの機能性

風に強く、砂をそのまま下に落とす他にも、様々な機能性をスナテックスは備えています。

スナテックスの上で飲み物をこぼしてしまっても、速乾性のあるポリエチレンが使われているので、いつでもドライでさらりとした触り心地です。

カビも生えず衛星的なので、小さなお子様にも安心です。

また、照り返しによる紫外線を最大90%カットするので、強い紫外線が降り注ぐ真夏に嬉しい機能です。

穴が空いてしまった時も伝染防止加工がされているので、それ以上穴が広がる事がなく、長く愛用できる耐久性にも優れています。

波乗り太郎
波乗り太郎
快適になる多機能性が大きな魅力だね!

次に、おすすめのサイズと種類を紹介するよ
LABO君
LABO君

スナテックスのおすすめレジャーシート

スナテックスのレジャーシートにはマルチ、ビーチ、リゾートの3種類があります。

おすすめのサイズと合わせてご紹介します。

スナテックス マルチ SSサイズ

スナテックスのマルチシリーズは海だけでなく、キャンプなどのアウトドアシーンとマルチに活躍します。

SSサイズは92cm×92cmのコンパクトサイズで一人用にぴったりなお手軽サイズです。

専用収納袋付きなので、持ち運びに便利です。

スナテックス  ビーチ Mサイズ

スナテックスのビーチシリーズのMサイズ。

海での使用に最適で、155cm×200cmなので、2人で寝転んでも余裕のサイズです。

スナテックス リゾート Lサイズ

スナテックスのレジャーシートの中で最もキメの細かいリゾートシリーズのLサイズ。

砂が細かなビーチリゾートに最適で、畳むと持ち手が一体になっており、持ち運びがとても便利です。

200cm×200cmなので、家族で利用する事ができます。

まとめ

スナテックスのレジャーシートは、特殊なメッシュ構造で上に乗った砂を下に落とし、体や荷物に砂が付着するのを防ぐ快適グッズです。

風の強いビーチでの使用でも、メッシュ構造のためシートがパタつきにくく、ドライ素材なので、飲み物をこぼしてもすぐに乾きます。

さらに、紫外線を90%カットするので、強い照り返しによる日焼けを防ぐ事ができます。

多機能性が大きな魅力なスナテックスで、さらにサーフィンライフが快適になること間違いなしです。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 冬のサーフィンウェットスーツはこの2種類!メリット&デメリットを解説
  • 冬サーフィンの必需品グッズはこの9つ!
  • ビラボンのウエットスーツが人気の理由3つ&おすすめモデル4着
  • サーフィンで使うワックスって?サーフボードワックスの選び方や種類まとめ
  • 小波に最適なサーフボード「PYZEL(パイゼル)/グレムリン」を徹底解説
  • サーフィンに腕時計は必須!おすすめと選ぶポイントはココ
おすすめの記事