サーフィンブランド別おすすめラッシュガード7選【2019年版】

強い日差しが海面を照らし、サーファーの肌へダメージを与える過剰な紫外線。

夏になり、海水が暖かくなるとウェットスーツが暑くて着られなくなりますが、そんな時でも紫外線から上半身を守る事ができるのが、”ラッシュガード”です。

ラッシュガードは単なるTシャツかと思いきや、水に濡れても重くなりにくい素材で作られ、サーファーにとって夏の時期、重宝するサーフギアです。

今回はそんなラッシュガードをサーフブランド別に厳選!ラッシュガードでヒリヒリ痛む日焼けを予防しましょう。

記事の内容サーフブランド別おすすめラッシュガード7選

今年の夏はコレ!サーフブランド別おすすめラッシュガード

数あるサーフブランドの中から、世界的にメジャーなブランドの高機能ラッシュガードをご紹介します。

サーフィンの他にも、海水浴やジェットスキーなどの本格的なマリンスポーツで肌を守ってくれます。

波乗り太郎
波乗り太郎
ウェットスーツが最近暑くなってきたから、おすすめのラッシュガードを教えて?LABO君

もちろん!今回はサーフブランド別に高機能で人気のラッシュガードを教えるよ!
LABO君
LABO君

Quiksilver(クイックシルバー)/ALL TIME SR

画像出典:楽天市場

サーフィン大国オーストラリアにて、1970年に設立されたクイックシルバー。

誰もが知っている有名サーフブランドですが、プロダクトも一級品で、デザインも優れています。

クイックシルバーの2019年モデルのラッシュガード「ALL TIME SR」は、程よい5部袖とハイネックで首を含めた上半身を強い紫外線から守ってくれます。

UPF50+という高い紫外線カット機能を持ち、フロントにプリントされたクイックシルバーのブランドロゴがアクセントのカジュアルでシンプルなデザインとなっています。

Billabong(ビラボン)/ポケットラッシュTシャツ

画像出典:楽天市場

サーフィンのメッカ、オーストラリアのゴールドコーストで1973年に誕生した世界的サーフブランドです。

世界中のトップサーファーをライダーに抱え、数々のテストとフィードバックを参考に、より機能的なサーフギアを生み出し続けています。

ハイクオリティなのはもちろん、ビーチに似合うおしゃれなデザイン性にも定評があるビラボン。

ビラボンのポケット付きラッシュガードは、今季のビラボンのボードショーツの柄を使用した生地を左胸のポケットあしらい、ゆったりと着れるシルエットなので、水陸どちらでも着やすいラッシュガードです。

水に濡れても重くなりにくいポリエステルスムース素材が採用され、UPF50+の非常に優れたUVカット機能が備わっています。

カラーは4色。

Volcom(ボルコム)/Apac Circle S/S RG

画像出典:楽天市場

サーフィン 、スノーボード、スケートボードの3Sカルチャーを中心に、世界中のユーザーから絶大な支持を集めるメジャーブランド、ボルコム。

独自の世界観から生み出されるプロダクトの数々が若者に人気で、現代のサーフシーンに無くてはならないブランドの一つです。

ご紹介するボルコムのラッシュガードは、ゆったりとしたシルエットにスタイリッシュなデザインを加えたサーフラッシュガードです。

アパレル感覚でラフに着れ、50+UVカットなので、海はもちろん、BBQやフェスなど、幅広いシーンで重宝する事間違いなしです。

Hurley(ハーレー)/QUICK DRY ONE

画像出典:楽天市場

レジェンド・シェイパーボブ・ハーレーによって創設されたカリフォルニア発のハーレー。

革新的なテクノロジーでよりパフォーマンスを向上させるプロダクトを数々生み出し、多くのトップアスリートをサポートしています。

2002年にハーレーはナイキの子会社となり、音楽やアートを含めた総合ライフスタイルブランドとして成長を続けています。

ハーレーのQUICK DRY ONEは、ナイキの”ドライフィット”という素早い速乾性が特徴のマイクロポリエステルが使用されたラッシュガードです。

フロントにプリントされたハーレーの大胆なブランドロゴが海でも映え、快適なサーフィンへ導いてくれます。

VISSLA(ヴィスラ)/Everyday LS Surf Tee

画像出典:楽天市場

2014年より、サーフアパレルブランドとしてカリフォルニアでスタートしたVISSLAは、サーフィンに関わるカルチャーやメンバーをサポートし、全く新しい考えやデザインをプロダクトに落とし込み、サーファーから絶大な人気を集めています。

クリエイターがこだわりを持って作る高機能なプロダクトの数々はどれも自由な発想を大切にし、スタイリッシュなルックスが魅力です。

VISSLAのEveryday LS Surf Teeはフロントと後部にブランドロゴが入ったシンプルながら優れたデザインのラッシュガードです。

長袖なので、腕を全体的に紫外線から守れる他、袖には伸縮性のあるループが採用されているので、着心地も約束されます。

素材はポリエステル88%、スパンデックス12%が使われ、UVカット機能は、SPF50です。

RVCA(ルーカ)/CORNERS SS TEE

画像出典:楽天市場

カリフォルニアに拠点を置き、2000年よりスタートしたRVCA。

業界のトレンドから逸脱したルーツを崩さないデザインをプロダクトに落とし込み、アクティブな世の流れと調和するブランドとして、近年ではファッション業界からも注目を集めています。

そんなファッション性の高いRVCAのラッシュガードは機能も持ち合わせ、サーフィンに最適な素材で作られています。

ご紹介するラッシュガードCORNERS SS TEEのフロント部分には、ロゴとアクセントの効いた星のボックスプリントが配置され、おしゃれなデザインとなっています。

ポリエステル100%のナチュラルストレッチ素材で、速乾性に優れ、サーフィン以外でもあらゆる状況で着ることができます。

対塩素、UPF50+なので、日差しの強い海でもガンガン使える一着となっています。

O'NEILL(オニール)/618472

画像出典:楽天市場

老舗サーフブランドO'NEILLは、1952年にカリフォルニア州サンタクルーズで創設され、創設者であるジャック・オニール氏は世界で初めてサーフィン用のウェットスーツを開発した人物です。

長い歴史の中で培ってきた確かなノウハウと技術で、世界トップレベルのプロダクトを生み出し続けており、耐久性に優れています。

オニールのラッシュガード(型番:618472)は、伸縮性・速乾性に優れ、水陸両用で使えるマルチウェアです。

柔らかな肌触りで体にぴったりフィットし、長袖なので、日焼けやクラゲ予防にも効果的です。

本格的なマリンスポーツに最適で、UVカット率はUPF50+と高機能な紫外線対策ギアとして着用できます。

波乗り太郎
波乗り太郎
どのラッシュガードにしようか迷うな〜

デザインや機能を考慮して、ベストな一着を選んでね!
LABO君
LABO君

まとめ

以上、ブランド別で厳選したおすすめラッシュガードでした。

世界的なサーフブランドが試行錯誤し、サーフィンを快適にするための素材を使ったこだわりのラッシュガードは、どれも機能、デザイン共に優れ、強い紫外線から肌を守ってくれます。

まとめとして、今回ご紹介したラッシュガードは以下の通りです。お気に入りの一着を見つけて、夏を思いっきり楽しんでみては。

Quiksilver(クイックシルバー)/ALL TIME SR

Billabong(ビラボン)/ポケットラッシュTシャツ

Volcom(ボルコム)/Apac Circle S/S RG

Hurley(ハーレー)/QUICK DRY ONE

VISSLA(ヴィスラ)/Everyday LS Surf Tee

RVCA(ルーカ)/CORNERS SS TEE

O'NEILL(オニール)/型番:618472

 

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 冬のサーフィンウェットスーツはこの2種類!メリット&デメリットを解説
  • 冬サーフィンの必需品グッズはこの9つ!
  • ビラボンのウエットスーツが人気の理由3つ&おすすめモデル4着
  • サーフィンで使うワックスって?サーフボードワックスの選び方や種類まとめ
  • 小波に最適なサーフボード「PYZEL(パイゼル)/グレムリン」を徹底解説
  • サーフィンに腕時計は必須!おすすめと選ぶポイントはココ
おすすめの記事