サーフィン中に通話できる海水対応防水ギア「NYSNO-100」とは!?

アイキャッチ画像出典:First-Flight.Sony

耳に装着するだけでスマホを介さずに会話できるソニーの最新ウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO(ニスノ)-100」が2019年8月26日より、クラウドファンディングを開始しました。

スポーツ向けに開発されたNYSNO-100は、スマホを使わずにサーフィンしながら仲間との会話が楽しめるようになる画期的なプロダクトです。

記事の内容海の中でも会話できるNYSNO-100の特徴、機能

サーフィン中に仲間と会話できるソニーの最新ギア「NYSNO-100」

画像出典:Youtube

日常生活で便利なスマートフォンですが、スポーツでの使用は不向きですよね。

そこで、ソニーの最新ウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」があれば、スマホを介さずにハンズフリーで3人同時会話ができるようになります。

海水に対応した防水、防塵機能、耐衝撃、−10℃の環境でも使える低温動作性能を備えているので、サーフィンはもちろん、様々なスポーツで使用できると共に、激しいスポーツでも外れないよう耳のサイズに合わせて選べるイヤーピース、アークサポーター、イヤーハンガーで高いフィット感が実現されています。

画像出典:First-Flight.Sony

人間工学に基づき、本体を耳の後ろに配置した装着スタイルで、装着時に正面から目立たず、メガネやサングラスにも干渉しません。

また、外音を取り込めるアンビエントイヤーピースで周囲の音は遮断される事なく、閉塞感が少ないため、長時間使用でも快適に使えます

波乗り太郎
波乗り太郎
海の中で友達と会話出来たら、サーフィンがもっと楽しくなりそう!

もちろん、通話機能も優れているよ
LABO君
LABO君

NYSNO-100の優れた通話機能

画像出典:First-Flight.Sony

NYSNO-100はスマートフォンを介さないため、海が圏外エリアでも使用できる大きなメリットがあります。

予めお互いのNYSNO-100同士を登録する事で、最大通信距離約500mの範囲で会話が楽しめ、同時に3名まで会話可能です。

さらに、風切音を軽減するマイクや高音質で聴きやすいクリアな音など、ソニーが培ってきたオーディオ技術が惜しみなく搭載されています。

スマホアプリで人数・通信距離が拡張可能

画像出典:First-Flight.Sony

「NYSNO-100」クラウドファンディング詳細

画像出典:Youtube

NYSNO-100のクラウドファンディングは、目標額に達成する事で支援(予約購入)してくれた人に製品が届くという仕組みです。

2019年8月26日からスタートしたNYSNO-100のクラウドファンディングページにて支援する事ができます。

NYSNO-100シングル スペシャル割引プラン(一台)¥14,000〜などのお得なパックプランが用意され、一足早くゲットしたい方は支援してみてはいかがでしょうか?

クラウドファンディング終了予定は2019年9月26日です。

NYSNO-100のクラウドファンディングページはこちら。

https://first-flight.sony.com/pj/nysno

まとめ

画像出典:Youtube

以上、ソニーのウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO(ニスノ)-100」のご紹介でした。

スマホを介さずに圏外エリアの海でも使用でき、アクティブなスポーツに最適な通信ギアの登場です。

海の中で仲間と会話できるNYSNO-100を使えば、サーフィンの楽しさがワンランクアップしそうですね。

興味がある方はクラウドファンディングページより、支援してNYSNO-100を手に入れてみては?

※現時点では一般販売は未定となっております。

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 冬のサーフィンウェットスーツはこの2種類!メリット&デメリットを解説
  • 冬サーフィンの必需品グッズはこの9つ!
  • ビラボンのウエットスーツが人気の理由3つ&おすすめモデル4着
  • サーフィンで使うワックスって?サーフボードワックスの選び方や種類まとめ
  • 小波に最適なサーフボード「PYZEL(パイゼル)/グレムリン」を徹底解説
  • サーフィンに腕時計は必須!おすすめと選ぶポイントはココ
おすすめの記事