サーフィンの練習に最適なお勧めサーフスケートTRYWHEEL!種類や特徴

アイキャッチ画像出典:Youtube
サーフィンは上達が難しいスポーツとして認知されていますが、その理由の一つに、同じ動きの反復練習が難しいという面があります。

そこで、多くのサーファーが取り入れている陸トレが、サーフィンの動きに特化したスケートボードである”サーフスケート”です。

サーフスケートであれば、波が無い日でも手軽にサーフィンの動きを反復練習する事ができ、サーファーならば車に一台積んでおきたいアイテムです。

今回はそんな数あるサーフスケートの中でも、サーフィンをイメージしたターンが可能な「TRYWHEEL/トライウィール」をご紹介します。

  • 記事の内容TRYWHEEL(トライウィール)の特徴
  • お勧めモデル

お勧めサーフスケートTRYWHEEL/トライウィール

画像出典:Youtube

通常のサーフスケートは前輪、後輪合わせて4つのウィールが付いており、前側のトラックが左右に振れてサーフィンの動きが可能なのですが、今回ご紹介するトライウィールは、前輪がキャスターとなっており、名前の通り全部で3つのウィールしか付いていません。

360°回転する前輪のキャスターはあらゆる方向への動きが可能なため、バランスをとりながら乗る事でスムーズな膝の動きを習得でき、サーフィンの動きを再現する事が可能です。

平坦な道でも前輪を左右に振りながら乗る事で加速していき、まるで波に乗りながらマニューバーする感覚を味わう事ができます。

画像出典:Youtube

トライウィールのリアトラックは、サーフボードのフィンポジションが意識され、多くのポジションテストが繰り返されました。

サーフィン初心者でも、ボードコントロールや体の使い方を覚えるのに最適で、小さなバンク(斜面)を見つければ、波のフェイスをイメージしながら心地よいマニューバーを描く事ができます。

波乗り太郎
波乗り太郎
前輪のウィールが1つだからこそ、サーフィンをイメージしたターンが出来るんだね!

サーフボードをイメージしたアウトラインのトライウィールで陸トレすれば、上達に役立つよ
LABO君
LABO君

TRYWHEELのお勧めモデル

サーフボードをイメージしたアウトラインとテールデザインのトライウィールは、いくつかのモデルがリリースされています。

トライウィールのお勧めモデルをご紹介します。

TRYWHEEL/FISH 35"

26.5cmのデッキ幅と58cmのホイールベースにより、パワフルでダイナミックなライディングが可能です。

ウィールは68mm/幅57mmで、グリップ力は従来のモデルと比べて格段にUPし、しっかり踏み込んだライディングを好む人にお勧めです。

スケートボードデッキの素材の中で最良と言われるカナディアンメイプルが使用され、丈夫な耐久性が約束されます。

リアトラックには旋回性能が抜群に高い7インチランダルタイプトラックが搭載されています。

カラー:AMERICA、YELLOW×PURPLE

ベアリング:ABEC-7

価格:¥26,784

TRYWHEEL/ROUND 39"

デッキ幅24.5cmのロングボード風デザインに仕上げられたニューモデル。

66cmのホイールベースとグリップ力に優れる68mm/幅57mmウィールでショートからロングボーダーまで基本アクションの動きを覚えるのに最適なモデルです。

素材はカナディアンメイプルでデッキテープは2ストリンガー風デザインとサーフボードがイメージされています。

しっかり踏み込んだターンを練習したい方にお勧めです。

リアトラックは7インチランダルタイプトラック搭載。

カラー:YELLOW×PURPLE

ベアリング:ABEC-7

価格:¥27,864

TRYWHEEL/PIN 43"

25.5cmデッキ幅のピンテールモデルです。

76cmホイールベースと優れたグリップ力を備える68mm/幅57mmウィールでロングボード特有のターンが忠実に再現可能です。

ノーズライディングにもチャレンジする事ができ、SUPのウェーブトレーニングにも最適です。

素材はカナディアンメイプルでデッキテープはクリアデッキと混合です。

リアトラックkには7インチランダルタイプトラックが搭載され、ロングボードの乗り心地を味わえます。

ベアリング:ABEC-7

価格:¥30,754

TRYWHEEL/CRUISER 21"

軽量で丈夫な強度を備えるバンブーデッキを使用した21インチ(53.3cm)のミニクルーザーモデル。

小さなスペースでもトライウィールの乗り心地を楽しめ、街中で新しい感覚のクルージングが体験できます。

手軽にトライウィールを使ってサーフィンの練習がしたい方にお勧めです。

ベアリング:ABEC-5

価格:¥15,984

波乗り太郎
波乗り太郎
いろんなタイプのモデルがリリースされているんだね!

自分のスタイルを考慮して、ぴったりの一本を見つけてみてね
LABO君
LABO君

まとめ

4つのウィールが付いている通常のサーフスケートとは異なり、3つのウィールでサーフィンの動きが再現可能な「TRYWHEEL/トライウィール」。

360°回転する前輪をバランスよく乗る事で柔らかい膝の動きを習得でき、波のフェイスを滑っているかのようなフィーリングでサーフィンの練習ができます。

サーフィン初心者でも基本動作を覚える事ができ、実際のサーフィンに役立つので、ぜひトライウィールにトライしてみてはいかがでしょうか?

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 砂が下に通り抜けるレジャーシート「スナテックス」ビーチマットにも最適!
  • サーフィンブランド別おすすめラッシュガード7選【2019年版】
  • 古代のサーフボード「アライア」でサーフィン!歴史や特徴とは?
  • サーフィンの練習に最適なお勧めサーフスケートTRYWHEEL!種類や特徴
  • おすすめビーチサンダルB-san!激安なのに足を痛めない理由
  • ソフテック
    フィリペ・トレドのシグネチャー高性能ソフトボード「Wildfire」登場
おすすめの記事