サーフキャンプに最適!サーフィン疲れを残さないおすすめ車中泊マット

アイキャッチ画像引用:unsplash

真夏が過ぎ、厳しい残暑が続いている今日この頃、皆さんはサーフライフを楽しんでいますか?

サーファーの中には、海の目の前で車中泊やサーフキャンプを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、サーフィン疲れを残さず、ぐっすり休める車中泊マットを厳選してご紹介!

今まで車中泊に抵抗があった方にもオススメな”快適アイテム”です。

記事の内容快適な寝心地で人気の”車中泊マット”5選

車中泊サーファーにおすすめ!車中泊マットとは?

画像引用:楽天

サーフィンをする前日から、翌日の波を狙うべく、海の近くの駐車場などで車中泊をするサーファーは多いですよね。

そんな方の必需品と言っても過言では無い便利アイテムが「車中泊マット」です。

一般的に、車のシートをフラットにすれば寝ることは可能ですが、シートの硬さや凸凹で深く眠ることができず、翌日は体がバキバキで、しっかり休めた気がしないという経験をされた方は多いと思います。

しかし、シートの上に車中泊マットを敷けば、シートの凸凹を吸収し、快適な寝心地を得られると共に、床下からの冷気も抑えられる事で体温が奪われる心配が無くなります。

波乗り太郎
波乗り太郎
車中泊マットがあれば、深い眠りで翌日のサーフィンも絶好調だね!

サーフィン以外にも、ドライブやキャンプでも大活躍するよ
LABO君
LABO君

サーフィン疲れを残さない!おすすめ車中泊マット5選

今回はサーファーに使ってもらいたい快適車中泊マットを厳選して5つご紹介します。

今まで車中泊で体が痛くなっていた方におすすめです。

「ONLY STYLE」車中泊マット

画像引用:amazon

車中泊マットに求められる「ぐっすり眠れる事」と「手軽に設置できる事」の大切な2つの事をしっかり満たしている商品が、ONLY STYLEの車中泊マットです。

普通のエアーマットはポンプで空気を入れる必要がありますが、ONLY STYLEの車中泊マットはバルブを開けば、自動的に空気が入っていき、約5分で快適な硬さに膨らみます。

マットは10cm厚の高弾性ウレタンフォームを使用し、車のシートの大きな凸凹でも全く気にならず、快適な眠りが約束されます。

収納の仕方も簡単で、バルブを開き、三つ折りにしながら体重をかけると空気が自然に抜けていきます。

さらに端から丸めていき、空気を出し切ってからバルブを閉めたら収納完了です。

収納がとっても楽な上、折りたたんだ時のサイズは20cm×73cmに収まる為、車の中でも場所を取りません。

軽自動車など、車内にマットを十分に広げるスペースが無くても、マットの空気圧を少し減らす事で狭い場所でも敷くことが可能です!

マットサイズ(展開時):長さ198cm×横66c×厚さ10cm

マットサイズ(収納時):20cm×73cm

「ONLY STYLE」車中泊マットの購入はこちら。

後部座席で快眠!「Izaway」車中泊マット兼ベッド

画像引用:amazon

荷台にサーフボードやウェットスーツを積み、スペースがあまり空いていない方におすすめのIzawayのエアーベッドは、ポンプを使って空気を入れて展開させると、後部座席が快眠できるベッドルームに変身します

高反発で高いクッション性が実現され、枕も一体型なので、ゆったりを首を預けて快適な眠りに就くことができます。

展開時のベッドの縦の長さが約135cmなので、高身長の方は足を伸ばして眠ることはできませんが、後部座席のスペースを有効活用できる便利な車中泊マット兼ベッドです。

5分以内にしまう事が可能で、小ぶりなサイズに収まります。

ベッドサイズ(展開時):長さ135cm×横82cm×高さ47cm

ベッドサイズ(収納時):33cm×15cm×28cm

「Izaway」車中泊マット兼ベッドの購入はこちら。

フルフラットになる!「Levolva」車中泊マット

画像出典:amazon

多くの車中泊マットは、シートの凸凹を吸収する作りですが、Levolvaのマットは、シートの凸凹を”無くす”という発想で開発されました。

シートに置くだけで大きな段差が埋まり、体を伸ばしても快適な睡眠スペースに早変わりします。

硬質ウレタンで沈み込みを抑え、長時間の睡眠も体に大きな負担はかかりません。

PVCレザーを採用しており、水や汚れに強いのも大きな魅力で、コストパフォーマンスにも優れています。

サイズは全5種類あり、車種によって座席にぴったり合う物が選べます。

Levolva車中泊マットサイズ表

マットサイズ 横幅 奥行き 高さ
120 58cm 46cm 12cm
100 58cm 45.5cm 10cm
100s 53cm 45.5cm 10cm
60 57cm 43cm 6cm
60s 53cm 43cm 6cm

 

「Levolva」車中泊マットの購入はこちら。

連結も可能!「FIELDOOR」車中泊マット

画像出典:amazon

バルブを開くだけで自動的に空気が入り、厚さが10cmになるインフレータブル車中泊ベッドになります。

上記で紹介したONLY STYLEと似ていますが、FIELDOORの方がリーズナブルに手に入れられます。

空気の出し入れや収納性に関してはONLY STYLEの方が優れているそうですが、寝心地に関しては、どちらもシートの凸凹をしっかり吸収するので、安く高機能な車中泊マットが欲しい方はFIELDOORの車中泊マットがおすすめです。

さらに、バルブを開くだけで自動で空気が入るインフレータブルピロー(枕)も付属!

空気圧で硬さが調整でき、中央部に凹みが施されているので、頭のフィット感も抜群です。

マットサイズ(展開時):長さ195cm×横60cm×厚さ10cm

マットサイズ(収納時):25cm×60cm

「FIELDOOR」車中泊マットの購入はこちら。

コスパに優れたエンボス加工の車中泊マット

画像出典:amazon

浮き出し模様の凸凹が形成されたエンボス加工で、サラサラ感覚に仕上がったリーズナブルな車中泊マットです。

車中泊マットにはニトリムゴムという耐久性や耐水性に優れ、摩擦に強い素材が使われています。

15mmの厚さなので、シートの大きな凸凹を全て吸収する事はできませんが、小さな凸凹のシートに敷けば、快適な寝床になります。

サーフィンで疲れた時、少し横になってなどで休憩したい時に手軽に広げられるマットとして、休憩場所にもなります。

メッシュケースが付属し、持ち運びも楽なので、車中泊以外でもキャンプやレジャーなど、様々なアウトドアシーンでも幅広く活躍しそうです。

リーズナブルでコスパに優れた「エンボス加工車中泊マット」の購入はこちら。

まとめ

厳しい残暑が続く中、車中泊やサーフキャンプを楽しむサーファーが増えてきました。

翌日に疲れを残さない為にも、快適な睡眠が得られる車中泊マットで快適な夜を過ごしてはいかがでしょうか。

まとめとして、今回ご紹介した車中泊マットは以下の5つです。

  • 「ONLY STYLE」車中泊マット
  • 「Izaway」車中泊マット兼ベッド
  • 「Levolva」車中泊マット
  • 「FIELDOOR」車中泊マット
  • エンボス加工車中泊マット

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 読書の秋!サーフィン初心者から経験者まで楽しめるおすすめ本5選
  • サーフィン中に通話できる海水対応防水ギア「NYSNO-100」とは!?
  • サーファー注目サプリメント「クレアチン」でパドリング瞬発力UP!
  • 車のサイドミラーに掛けるだけ!便利ウェットスーツラック「MALO’O DryRack」
  • サーフキャンプに最適!サーフィン疲れを残さないおすすめ車中泊マット
  • アル・メリックのパフォーマンス系フィッシュ「CIフィッシュ」の性能とは
おすすめの記事