あなたの周りにもいる?子供に名付けたいハワイ語の名前と意味20選

名前は、人生で最初に子供に送る特別なプレゼントです。

生まれてから死ぬまで、片時も離れない名前を名付ける事は大変素晴らしく、それ故、とても考え悩んでしまう方は多いのではないでしょうか?

最近では、芸能人がお子さんにハワイ語の名前を名付けて世間で話題になったり、ハワイ語の名前を持つサーファーが活躍しています。

今回は、そんなオシャレでスピリチュアルな意味を持った子供に名付けたいハワイ語を厳選してお届けします。

これから子供が生まれる方や、将来の子供にどんな名前を付けようか考えている方は、参考にしてみて下さい。

記事の内容子供に名付けたい素敵な意味を持つハワイ語の言葉20選をご紹介します。

ハワイ語の子供の名前:男の子編

・アクア(Akua)

アクアはハワイ語で「神」「女神」という意味があり、注目キッズサーファーの、かすや あくあ君がいます。

英語にすると水という意味で、海やサーフィンも連想できる素敵な名前ですね。

・カイ(Kai)

カイの名前を持つプロサーファーは多く、日本人にも馴染みのある名前の一つではないでしょうか。

カイは「海」という意味で、日本語の漢字にしても同じ意味になる素敵な名前ですね。

・カノア(Kanoa)

WCTサーファー五十嵐カノアの名前として、ご存知の方は多いのではないでしょうか?

カノアはハワイ語で「自由」という意味を持っています。伸び伸び自由に生きていく人生を歩んでほしいという願いを込められます。

・キアヌ(Kianu)

五十嵐カノアの弟の名前がキアヌです。

ハワイ語で意味は、「山々からの清々しい風」という意味と、「神の意識に絶えず集中する者」という意味もあります。

・コア(Koa)

画像出典:pinterest

プロサーファー松本コアや、WCTサーファーのフィリペ・トレドの息子にも名付けられたコアという言葉は、ハワイ語の意味で「戦士」「勇敢な」「コアの木」という意味です。

ハワイの先住民から、精霊が宿っている神聖な大木として信じられていたコアの木は、昔のサーフボードの材料に用いられていました。

ナル(Nalu)

ハワイ語で「波」という意味のナル。

プロサーファーに、粟田生(あわだなる)がいます。

珍しい名前ですが、音がとてもオシャレでサーファーにピッタリな名前ですね。

・ヒロ(Hilo)

ヒロというと、日本人の名前としても馴染みのある音ではないでしょうか?

ハワイ語で「編む」「結ぶ」「新月」という意味で、ハワイ島の東海岸の都市の名前でもあります。

・マノア(Manoa)

ハワイ語で「広大な」という意味を持つマノアは、注目のキッズサーファー河野真ノ彩君がいます。

窮屈しない人生を歩んで欲しいという願いを込める事ができ、ハワイっぽい名前ですね。

・レイ(Lei)

レイは、ハワイ語で「花輪」「愛する子供」等の意味があります。

ハワイで頭や首にかける花などでできた装飾品の名前でもあるレイは、12世紀頃にやってきたポリネシア人からもたらされた物で、古来より魔除けや、社会的地位の象徴とされていました。

・レオ(Leo)

レオの名前を持つプロサーファーに、稲葉玲王や金尾玲生がいます。

英語ではライオンという意味がある男らしいイメージのレオは、ハワイ語で「声」「歌声」「音」という意味があります。

ハワイ語の子供の名前:女の子編

・アネラ(Anela)

ハワイ語でアネラは、「天使」という意味で、芸能人のお子さんに名付けられています。

・オハナ(Ohana)

ハワイ語で「家族」「仲間」という意味を持つオハナを聞くと、ディズニーの「リロ&スティッチ」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

有名なハワイ語の一つであるオハナは、家族や仲間の心と心の繋がりを大切にして欲しいというメッセージを込める事ができます。

・カイマナ(Kaimana)

カイマナは、ハワイ語で「ダイヤモンド」という意味を持っています。

・ノア(Noa)

ハワイ語でノアは、「自由」という意味を持っています。

男の子に名付けても、おかしくない音の名前ですね。

・マカナ(Makana)

マカナはハワイ後で、「贈り物」という意味です。

マカナの中で、最も尊い命の贈り物は、赤ちゃんかもしれません。

これ以上の贈り物は無いという意味を込めた名前として、マカナを候補に入れてみては。

・マナ(Mana)

マナはハワイ語で、「超自然な力」「魂」という意味があり、宮崎出身の女性プロサーファーに渡辺愛(わたなべまな)がいます。

・マヒナ(Mahina)

マヒナはハワイ語で、「月」「月光」の意味を持っており、ハワイ育ちのプロサーファー前田マヒナ、WCTサーファーのフィリペ・トレドの娘に名付けられた名前です。

マヒナ、なんとも可愛らしい音ですよね。

・マリエ(Malie)

ハワイ語で、「穏やかな」「静かな」という意味を持つマリエは、女性らしい馴染みのある名前ですね。

・モアナ(Moana)

ディズニー映画「モアナと伝説の海」の主人公の名前で知っている方もいるかもしれません。

モアナはハワイ語で、「太平洋」を意味しており、太平洋のような広い心を持って欲しいという想いを込めたら素敵ですね。

・リノ(Lino)

女の子らしいリノという言葉はハワイ語で、「光輝く」「眩しい」という意味の他にも、ハワイ語のヒロと同じ「編む」「結ぶ」という意味もあります。

みんなを明るく照らし、繋いでくれるような存在になって欲しいというメッセージを込めて名付ける方もいるんだとか。

まとめ

可愛らしい名前からオシャレでかっこいい名前まで、発音のしやすいハワイ語の名前をお子さんに名付ける事に、世間から賛否両論の声はありますが、親が一生懸命考え、メッセージを込めた名前は、きっとお子さんの宝物になるでしょう。

名前を何にするか悩んでいる方でも、お子さんの産まれた顔を見て、ピンと来る名前が思い浮かぶ事もあるそうです。

この記事を見て、ハワイ語の名前を一候補に挙げてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 世界初!インフレータブル人工リーフ「Airwave(エアウェーブ)」とは
  • 宮崎で開催される2019年ISAワールドサーフィンゲームスの出場サーファー
  • 最新リーシュコードが当たるチャンス!クリエーチャーズのフォロー&いいねキャンペーン
  • 波チェック用ライブカメラがサーフィンを撮影!サーフラインセッションズとは
  • 進化した撮影方法!コア・スミスによる驚きの”三人称視点”サーフィン動画
  • 7/29(月)~8/3(土)「RVCA WORLD TOUR TOKYO」開催!12イベント概要
おすすめの記事