ISAワールドサーフィンゲームス女子ヒート終了!イタロフェレイラ無事到着

アイキャッチ画像出典:Instagram

9/7(土)から宮崎県木崎浜にて開催されているISAワールドサーフィンゲームス。

今年のワールドサーフィンゲームスはオリンピックの出場選考も兼ねているので、世界中から注目が集まっています。

大会4日目となる9/10(火)、女子ヒートが終了し、男子ヒートがスタートしました。

今回はこれまでの大会結果をまとめていきます。

ここにタイトルISAワールドサーフィンゲームス、これまでの大会結果(9月10日現在)

ISAワールドサーフィンゲームスこれまでの大会結果

画像出典:instagram

女子の日本代表の松田詩野、前田マヒナ、脇田紗良はラウンド2までは順調に1位通過で突破していましたが、ラウンド3からはCTサーファーと同ヒートとなり、脇田紗良は4位で敗者復活戦となるリパチャージラウンド4行になります。

大会3日目、リパチャージ4でティア・ブランコ、タイナ・ヒンケル、エラ・ウィリアムスと当たった脇田紗良は、4位敗退。41位となりました。

前田マヒナはラウンド3を2位で勝ち上がり、次のラウンド4で3位、敗者復活戦となるリパチャージ6で4位敗退で21位フィニッシュ

松田詩野はラウンド3も1位通過を決めますが、続くラウンド4で3位、敗者復活戦となるリパチャージ6行となります。

リパチャージ6を2位で勝ち上がった松田詩野は、この時点でアジア1位となり、日本代表の中で初めて東京オリンピックの出場権利を獲得しています。

リパチャージ7でカリッサ・ムーアやコートニー・コンローグ、イブライン・フートといった強豪と対戦した松田詩野でしたが、カリッサにインターフェアを犯してしまい、4位敗退となりました。

女子優勝はペルーのソフィア・ムラノビッチ

画像出典:Instagram

9/10(火)に女子決勝が、ソフィア・ムラノビッチ(ペルー)、シルヴァナ・リマ(ブラジル)、敗者復活戦であるリパチャージから勝ち上がったカリッサ・ムーア(アメリカ)、ビアンカ・ビテンダック(南アフリカ)の4名で行われました。

ソフィア・ムラノビッチは途中、リーシュコードが切れるトラブルがありながらも、トータルヒートスコア13.80ptをマークし、見事金メダルを獲得

2位はシルヴァナ・リマ、3位はビアンカ・ビテンダック、4位はカリッサ・ムーアという結果となっております。

男子ヒート開始!イタロもラウンド1無事通過

画像出典:instagram

9/10(火)より、男子のヒートもついにスタート!

パスポートの紛失で出場が危ぶまれていたブラジル代表のイタロ・フェレイラは、ヒート開始10分前に宮崎空港に到着し、荷物も受け取らないまま会場へ急ぎ、ヒート開始後にダッシュで登場しました。

イタロはそのままフィリペ・トレドからジャージとボードを受け取り、そのままフィリペのボードでヒートに出場すると、3本のみのライディングで2.23/5.13/8.33をマークし、トータルスコア13.46ptでラウンド1を1位通過で突破。

日本代表の五十嵐カノア、大原平人は共にラウンド1を1位通過し、村上舜のヒートは明日9/11(水)です。

CTサーファーが多く参戦する今大会で日本サーファーはどこまでいけるのか、今後も目が離せない状況となっております。

まとめ

画像出典:Instagram

以上、これまでのISAワールドサーフィンゲームスの結果でした。

女子はペルーのソフィア・ムラノビッチが優勝し、松田詩野は日本代表の中で初めて東京オリンピックの出場権を獲得。

本日より男子ヒートも始まり、五十嵐カノア、大原洋人はラウンド1を1位通過、村上舜は明日からラウンド1のヒート29に登場します。

ドタバタでの出場となったブラジルのイタロ・フェレイラは無事ラウンド1を1位で突破し、今後の快進撃にも期待が高まります。

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 中国の銭塘江で発生する潮津波「シルバードラゴン」でサーフコンテスト開催
  • 【メンズレディース別】サーフィンブランドおすすめランキング24選
  • ハワイやカリフォルニアの美しき写真&アイテムが魅力「Always Sunshine CO.」
  • ISAワールドサーフィンゲームス2019結果!村上舜が見事4位でフィニッシュ
  • オーストラリア在住の注目サーファー「Tane Bowden/ターネイ・ボーデン」
  • カリフォルニアで”今”人気のサーフィンブランド5選!
おすすめの記事