今年宮崎で開催されるISAワールドサーフィンゲームスの出場WCT選手発表

アイキャッチ画像:Instagram

2019年9月7日(土)から15日(日)まで宮崎県の木崎浜海岸で開催される「ISAワールドサーフィンゲームス」。

1964年から開催されてきた歴史ある大会ですが、今年は2020年東京オリンピックに出場する選手の選考大会の一つである為、特に重要な大会として世界中から注目が集まります。

今回はISAから発表された今年のISAワールドサーフィンゲームスに出場するWCTサーファーをお伝えします。

  • 記事の内容ISAワールドサーフィンゲームスとは
  • 2019年に開催されるISAワールドサーフィンゲームスに出場するWCTサーファー

ISAワールドサーフィンゲームスとは

画像出典:NSA

国際サーフィン連盟ISAが主催する「ISAワールドサーフィンゲームス」とは、世界チャンピオンと国別ランキングを決める事から「サーフィンのワールドカップ」と呼ばれる事もあり、1964年から世界各地で1年または2年おきに開催されてきた歴史ある世界選手権です。

そんな世界的ビッグイベントであるワールドサーフィンゲームスは昨年2018年に愛知県で開催され、42の国と地域から197名が出場し、日本チームは国別総合優勝に輝いています。

今年のワールドサーフィンゲームスは9月7日(土)から15日(日)までの9日間を宮崎県宮崎市の木崎浜海岸にて開催されます。

さらに2020年の東京オリンピックに出場するには、今年2019年と2020年のワールドサーフィンゲームスへの出場が必須となっている事から、今年は世界最高峰の舞台であるWCTを転戦している多くのWCTサーファーもワールドサーフィンゲームスに出場します。

多くの世界トップレベルのサーファー達が来日し、宮崎で繰り広げられるワールドサーフィンゲームス。金メダルを手にするのは一体誰なのか、世界中から注目が集まるイベントとなります。

波乗り太郎
波乗り太郎
今年のワールドサーフィンゲームスは多くのCTサーファーも出場するんだね!

多くの世界トップサーファーが来日するのは滅多にないチャンスだよ
LABO君
LABO君

2019年ISAワールドサーフィンゲームスに出場するWCT選手

画像引用:ISA

ISAは現地時間6月10日、2019年のワールドサーフィンゲームスに出場するWCTサーファーを公式サイトにて発表しました。

ワールドサーフィンゲームスに出場できるサーファーは各国で男女各3名までと決まっており、国によっては3名以上のCTサーファーがいる場合は、現時点のWCTランキングの上位にランクインしているCTサーファーが選定されています。

2019年のワールドサーフィンゲームスに出場するWCTサーファーは以下の通りです。

オーストラリア

メンズ:ライアン・カリナン、ジュリアン・ウィルソン、オーウェン・ライト
ウイメンズ:ステファニー・ギルモア、サリーフィッツギボンズ、ニッキ・ヴァン・ダイク

アメリカ

メンズ:ジョンジョン・フローレンス、コロヘ・アンディーノ、コナー・コフィン
ウイメンズ:キャロリン・マークス、カリッサ・ムーア、コートニー・コンローグ

ブラジル

メンズ:イタロ・フェレイラ、フィリペ・トレド、ガブリエル・メディナ
ウイメンズ:タティアナ・ウェストン・ウェブ、シルヴァナ・リマ

日本

メンズ:五十嵐カノア

フランス

メンズ:ジェレミー・フローレス、ミシェル・ボウレズ、ジョアン・ドゥル
ウイメンズ:ジョアン・デフェイ

ニュージーランド

メンズ:リカルド・クリスティ
ウイメンズ:ペイジ・ハレブ

南アフリカ

メンズ:ジョーディ・スミス

コスタリカ

ウイメンズ:ブリッサ・ヘネシー

イタリア

メンズ:レオナルド・フィオラヴァンティ

以上がワールドサーフィンゲームスに選定されたWCTサーファーで、病気やケガでない限り出場する事になります。

波乗り太郎
波乗り太郎
ブラジルとアメリカは特に強敵が揃ってるね

これだけのサーファーが日本の波でどんなサーフィンするのか楽しみだね!
LABO君
LABO君

2019年ISAワールドサーフィンゲームスに出場する日本代表

今年のワールドサーフィンゲームスに出場する日本代表「波乗りジャパン」は以下の通りです。

メンズ:五十嵐カノア、村上舜、大原洋人

ウィメンズ:前田マヒナ穂乃香、松田詩野、脇田紗良

今回の波乗りジャパンの選考基準は以下の通りです。

  • 2018年度のワールドランキングで日本人最高位(五十嵐カノア、前田マヒナ穂乃香)
  • 第一回ジャパンオープンオブサーフィン優勝者(村上舜、松田詩野)
  • NSA強化部の推薦、過去のISAイベントの戦績(大原洋人、脇田紗良)

世界のトップサーファー達を相手に、今年も金メダルを獲得する事に期待です。

2019年ISAワールドサーフィンゲームス大会概要

2019 ISAワールドサーフィンゲームス/ 2019 ISA World Surfing Games
開催日時:2019年9月7日(土)~15日(日)
開催場所:宮崎県宮崎市木崎浜海岸
主催:国際サーフィン連盟”ISA”
出場国:約50ヵ国・地域
出場選手:約300名※各国男子3名、女子3名
五輪出場権:アジア、アフリカ、ヨーロッパ、オセアニアの各最上位選手が、2020年東京オリンピックの出場権を獲得します。

まとめ

画像引用:ISA

2020年東京オリンピックの出場選手の選考大会の一つである2019 ISAワールドサーフィンゲームス。

トリンピック出場を目指すサーファーにとって重要な大会である事から、世界最高峰のWCT(ワールドツアー)を転戦している多くのWCTサーファーも出場します。

日本人で唯一のWCTサーファー五十嵐カノアも日本代表「波乗りジャパン」のメンバーに選ばれており、昨年に引き続き金メダルを獲得できるのか、注目が集まっています。

9月の宮崎で開催という事で台風スウェルがヒットする可能性も十分あり、エピックコンディションでの開催ともなれば、日本の波で世界のトップサーファーがビッグアクションを連発するサーフィンを見る事ができるかもしれないと考えると、とても楽しみなビッグイベントですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 海を愛する人達のフェスティバル「OCEAN PEOPLES'19」代々木公園で開催!
  • グレッグ・ウェバーが発表した新しい人工波コンセプト「グレッグ・リーフ」
  • 韓国に世界最大級のウェーブプールが来年オープン!次世代サーフィン施設とは
  • 今年宮崎で開催されるISAワールドサーフィンゲームスの出場WCT選手発表
  • 世界一有名なフリーサーファー”デーン・レイノルズ”生い立ちやキャリア
  • サーフボードカルチャーの祭典「ザ・ボードルームショージャパン2019」レポート
おすすめの記事