波チェック用ライブカメラがサーフィンを撮影!サーフラインセッションズとは

アイキャッチ画像出典:Youtube

アメリカ・カリフォルニア州ハンティントンビーチに本拠地を置く世界最大の波予報サイト「サーフライン/Surfline」。

そんなサーフラインが新サービス「サーフラインセッションズ(Surfline Sessions)」をスタートさせ、世界中で話題となっています。

どんなサービスかというと、自分のアップルウォッチのGPS機能を使い、世界各地のサーフスポットに設置されているライブカメラが自分のライディングを撮ってくれるという、これまでに無かった全く新しいサービスです。

今回は画期的なサービスであるサーフライン セッションズについて詳しくお伝えします。

記事の内容サーフラインセッションズの詳細&利用方法

ライブカメラがサーフィン撮影!「サーフラインセッションズ」

画像出典:Youtube

大手波情報サイト「サーフライン」は、世界各地のサーフスポットに設置された500以上の波チェック用ライブカメラを使った新サービス”サーフラインセッションズ”をスタートさせました。

サーフラインセッションズは、ライブカメラが自分のライディングを撮影し、後にサーフラインアプリからライブカメラで撮った自分のライディングを見る事が出来るというサービスです。

波乗り太郎
波乗り太郎
波チェック用のライブカメラの新しい使い方として、これまでに無かった画期的なサービスだね!

サーフラインセッションズを利用するのに、必要な物は以下の3つだよ
LABO君
LABO君

画像出典:Surfline

  1. iPhone
  2. サーフラインアプリ
  3. アップルウォッチ

サーフラインセッションズの利用方法

まず、iPhoneとアップルウォッチの両方でサーフラインアプリをインストールします。

サーフラインアプリのアカウントを作り、アップルウォッチを接続させます。

サーフラインのライブカメラが設置されているサーフスポットに入る直前に、アップルウォッチのサーフラインアプリの「Start」をタップします。

画像出典:Youtube

海から上がる時にアプリの「Stop」をタップすると、ライブカメラが撮影してくれた自分のライディング動画がアプリに自動的にアップロードされ、iPhoneのサーフラインアプリ内から見る事が出来るという仕組みです。

カメラとサーファーが遠い距離でもズーム機能を使う事でライディングをしっかり確認する事が可能なようです。

画像出典:Youtube

また、ライブカメラによる撮影以外にも、アプリ内ではアップルウォッチのGPS機能を使った「波の本数」「ライディングのトップスピード」「最長ライディング距離」のデータも記録され、サーフィン上達に役立ちます。

サーフラインセッションズの公式紹介動画はこちら。

まとめ

画像出典:Youtube

以上、サーフラインがスタートさせた新サービス「サーフラインセッションズ」のご紹介でした。

波チェック用の便利なライブカメラを使い、自分のライディング映像を見る事が出来る革新的なサービスとして、注目を集めています。

撮影が難しいスポーツであるサーフィンですが、このサーフラインセッションズが世界中に普及してくれたら、サーフィンのレベルが上がると共に、自分のお気に入りライディングが共有出来る事で、サーフィンの楽しさがさらに増えそうですね。

まとめとして、サーフラインセッションズを利用するのに必要な物は以下の3つです。

1.iPhone

2.アップルウォッチ

3.サーフラインアプリ

Surfline

Surfline
開発元:Surfline/Wavetrak
無料
posted withアプリーチ

 

 

 

 

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 世界初!インフレータブル人工リーフ「Airwave(エアウェーブ)」とは
  • 宮崎で開催される2019年ISAワールドサーフィンゲームスの出場サーファー
  • 最新リーシュコードが当たるチャンス!クリエーチャーズのフォロー&いいねキャンペーン
  • 波チェック用ライブカメラがサーフィンを撮影!サーフラインセッションズとは
  • 進化した撮影方法!コア・スミスによる驚きの”三人称視点”サーフィン動画
  • 7/29(月)~8/3(土)「RVCA WORLD TOUR TOKYO」開催!12イベント概要
おすすめの記事