サーファーは目の日焼けに注意!紫外線の影響とサングラスの選び方

1年の中で最も紫外線量の多い夏、多くのサーファーは日焼け止めを塗って肌の紫外線対策をしますが、実は”目”も紫外線対策が必要な事をご存知ですか?

肌と同様、目も紫外線を浴びると日焼けをし、最悪の場合、「失明」に繋がる病気にかかる危険性もあります。

今回は紫外線が目に与える影響と、目の紫外線対策であるサングラスの選び方を詳しくお伝えします。

  • 記事の内容紫外線が目に与える影響
  • 紫外線対策用サングラスの選び方
  • サーファーにおすすめなサングラスブランド

サーファーが注意するべき”目の日焼け”!紫外線の影響は?

肌と同じように、目にも紫外線が入る事でダメージを受け、強烈な紫外線を受け続けると目の細胞が徐々に破壊されていきます。

目に紫外線のダメージが蓄積されていくと、角膜が炎症を起こし、数時間後に強い痛みや充血などの症状が現れる場合があります。

目の角膜の表面が傷つく事を「雪目(電気性眼炎)」と言い、これが白内障などの原因になります。

白内障とは、眼球の水晶体が濁る病気で、放置していると徐々に見えづらくなり、最悪の場合、失明に繋がる病気です。

また、お肌に日焼け止めを塗っていても、目に強い紫外線が入る事で、脳が肌を黒くするメラニン色素を作る命令を出します。

つまり、顔や体に日焼け止めを塗って紫外線対策をしていようと、目を無防備にしていると、全身の日焼けが進み、シミやソバカスの原因となります。

病気や日焼けを防ぐ為にも、日頃から目の紫外線対策を徹底する事が大切なのです。

波乗り太郎
波乗り太郎
目に紫外線が入る事で大きなリスクがあるんだね〜、知らなかったよ

目の紫外線リスクは”サングラス”で対処しよう!
LABO君
LABO君

目の日焼けを防ぐサングラスの選び方

紫外線リスクから目を守るためには、ご存知の通りサングラスが効果的なのですが、実は色が濃いだけのサングラスは危険という事をご存知ですか?

色が濃いレンズは太陽の眩しさを軽減してくれるので、紫外線をカットしてくれそうですが、実は目の瞳孔(どうこう)が開く事でより多くの紫外線を目の中に取り込んでしまい、気付かない内に大きな紫外線ダメージを負ってしまうのです。

そのため、レンズの色が濃いサングラスなほど、UVカット機能に着目する事が大切です。

また、サングラスをかけた時の隙間からも紫外線は入ってくるので、目をしっかり覆う大きめのレンズを選び、キャップも併用すると良いでしょう。

UVカット表記の意味

UVカット機能の表記にはいくつか種類があるので、サングラスを選ぶ時には要チェックです。

紫外線透過率:「紫外線をどれだけ通すか」をパーセンテージの割合で表記しています。紫外線透過率1.0%以下など、数値が低い方が多くの紫外線をカットできます。

紫外線カット率:「紫外線をどれだけ遮断するか」をパーセンテージで表記しています。紫外線カット率99%など、数値が高い方が多くの紫外線をカットしてくれます。

UV400:紫外線量が多いオーストラリアの規格で、人体に悪影響を及ぼすとされる400nm以下の紫外線をカットすることが可能です。一般的にUV400でで紫外線カット率99%、UV380で紫外線カット率90%とされています。

このように、UVカット表記には種類があり、「UVカット」と書かれたシールが貼られているだけでは安心できません。

波乗り太郎
波乗り太郎
濃い色のサングラスこそ、UVカット機能を重視すべきなんだね

その通り!「UVカット」とだけ書かれたシールが貼られているサングラスでも安心できないよ
LABO君
LABO君

サーファーにおすすめのサングラスブランド

ここからは目の紫外線対策に効果的で、サーファーにおおすすめなサングラスブランドをご紹介します。

VONZIPPER(ボンジッパー)

サーフィンの聖地として有名な、カリフォルニアのサンクレメンテで誕生したアイウェアブランドVONZIPPER(ボンジッパー)。

高い機能性やクラシカルなデザインが世界中のサーファーから絶大な支持を得ており、ファッション性も抜群です。

海だけでなく、街中でもおしゃれにかけながら目を紫外線から守ってくれる高機能なモデルが多く取り揃えられています。

OAKLEY(オークリー)

アメリカを代表するアイウェアブランドとして、多くのトップアスリートに愛用されている高機能サングラスブランドです。

ショットガンで撃っても砕けない特許素材「プルトナイト」がレンズに使用されており、優れた耐久性とUVカット機能が備えられています。

様々なシーンで使えるオークリーのサングラスはサーファーにも大人気です。

EPOKHE(エポキ)

独創的なスタイルでエアリアルを得意とするプロサーファー、ディオン・アジウスとミッチ・コレボーン、サーフフィルム界の鬼才ネイ・カビルの3人がオーストラリアのバイロンベイでスタートさせたアイウェアブランドです。

モダンテイストなデザインでスタイリッシュなモデルはファッション性を重視するサーファーにお勧めです。

UVカット機能もしっかり備わり、海へ向かう運転中や、太陽に照らされた波をチェックする時に重宝します。

まとめ

目に紫外線が入る事で、目の細胞が破壊されていき、失明につながる「白内障」などの病気にかかるリスクがある他、脳がメラニン色素を出す命令を出し、全身に日焼け止めを塗っていても日焼けが進みます。

このように、目が紫外線に対して無防備だと、大きなリスクが潜んでおり、サングラスで目を守る事が大切です。

ただ、どんなに性能が良いサングラスでも隙間から紫外線が入ってきてしまうため、100%紫外線を防ぐことはできません。帽子などを併用して、上手く紫外線対策をして下さい。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • サーフィンの練習方法とは!スケボーが効果的
  • ロングボード?ショートボード?サーフィン始めるならどっち?
  • サーフィンするなら万が一に備えて!サーフィンおすすめの保険3選
  • 車の鍵やスマートキーにはサーフィンショップで購入した防犯グッズを
  • 【大阪】駅から近いサーフィンショップ11選!商品多数の人気店舗
  • ハワイで人気のサーフィンブランド!あなたのお気に入りブランドは?
おすすめの記事