サーファー必見!耳に入った水を簡単にすぐ抜く方法

アイキャッチ画像引用:mauiinn

サーフィン中、耳の奥に入った海水がなかなか抜けないという経験は、サーファーならば誰しも一度は経験した事があるのではないでしょうか?

そのままの状態でも時間が経てば自然乾燥しますが、違和感が気になる方にとって、耳の奥の水はとても気持ち悪いですよね。

そこで今回は、耳の奥の水を簡単に抜く方法をご紹介します。

記事の内容

  • 水が耳の奥に入り、抜けない理由
  • 耳の奥に入った水を簡単に抜く方法

耳に水が入って抜けない理由は?

画像出典:express

サーフィン中に耳の奥に海水が入り、頭をどれだけ振っても水が出てこないという時、不快感で波に集中する事ができなくなりますよね。

では一体なぜ、耳の奥深くに入ってしまった水が出てこないのかご存知でしょうか?

実は耳の奥には斜面が急な”窪(くぼ)み”があり、その窪みに行き着いた少量の水が表面張力により張り付いている状態な為、頭をどれだけ振っても水が出てこないのです。

画像出典:コタローの日常喫茶

また、サーファーズイヤー(外耳道骨腫)によって外耳道が狭まる事で、入った水が出にくいというケースもあります。

耳の奥に水が入った時にやってはいけない事

耳の中に入った水を早く取ろうと、綿棒やこよりで耳の奥の水を吸い取ろうとする方がいますが、実はコレ、あまりおすすめできない方法です。

理由は、耳の中の皮膚や鼓膜を突っ込んだ綿棒やこよりで傷つけてしまう可能性があり、その傷に海水の汚れが入り込む事で細菌感染を起こし、外耳炎などを発症する恐れがあるからです。

耳の中に不快感やかゆみが続くようであれば、外耳炎が発症している可能性があるので、耳鼻科で一度診てもらいましょう。

また、頭を強く叩きながら水を出そうとする方法もNGです。

脳へのダメージが大きい為、やってはいけません。

波乗り太郎
波乗り太郎
じゃあ、どうやって耳の中から水を抜けばいいの〜?

次に、安全・簡単に耳の中の水を排出できる方法を伝授するよ
LABO君
LABO君

サーファー必見!耳に入った水を簡単に抜く方法

一般的に耳に入った水は、頭を傾けてジャンプするという基本的な排出方法がありますが、なかなか出てこない場合がありますよね。

そんな時は、さらに水を耳に追加する方法でスッキリ排出しましょう。

やり方は簡単で、濡らした指先から滴る水を水が抜けない側の耳の穴に数滴垂らします。

画像引用:Youtube

追加した水を耳の奥まで届かせる為に、耳たぶの上の場所を指で押して下さい。

画像引用:Youtube

すると、表面張力で張り付いていた水が追加して入ってきた水と結合し、大きな塊(かたまり)になった水は耳の奥の窪みにはまらず、頭を傾けるだけでスムーズに出てきてくれるのです。

画像引用:Youtube

耳に追加する水は衛生的なミネラルウォーターなどが望ましいですが、海水でも大丈夫です。しかし、水を追加した際に痛みを感じる場合は止めましょう。

上記の方法でも水が耳から出ない時は、ドライヤーの空気や熱めのタオルを耳に当てて温める事で、水を溜める表面張力が弱まり、水が出る可能性がさらに高まります。

波乗り太郎
波乗り太郎
なるほど!逆に耳に入れる水を多くするだけで簡単に水を抜く事ができるんだね!

この方法は”呼び水”とも呼ばれていて、水泳選手も使うテクニックだよ
LABO君
LABO君

耳の中に水が入るのを防ぐ予防方法

サーフィン中、耳の中に海水が入るのを防ぐ為にはサーファーズイヤー予防の耳栓がお勧めです。

サーファーズイヤー予防の耳栓は水が耳の内部に入るのを防ぎますが、周囲の声はしっかり聴こえるように工夫されています。

重度のサーファーズイヤーになると耳に入った水が抜けずらくなるどころか、難聴にも繋がるので、海水が冷たい時期はできるだけ耳栓を装着しましょう。

サーファーズイヤー予防の耳栓のオススメはSURF EARS3.0です。

SURF EARS3.0をもっと詳しく知りたい方はこちら。

SurfEars3.0
サーファーズイヤーを予防しよう!人気の耳栓がさらに進化【SURF EARS3.0】
2019.5.17
冬にサーフィンする際に気をつけるべき耳の病気「サーファーズイヤー」の高機能対策アイテムSurf Ears(サーフイヤーズ)が3.0となって進化を遂げました。従来の2.0よりも更に使いやすく、高機能になっております。...

まとめ

以上、耳の奥に入ってしまった水を簡単に抜く方法でした。

耳の奥の窪みに少量の水がハマり、表面張力が原因で頭を振っても出てこない水は、”呼び水”と呼ばれる方法を利用する事で簡単に排出できます。

濡れた指先から垂れた水を数滴、水が抜けない耳の上に垂らし、耳たぶの上の部分を押して追加した水を奥まで届けます。

奥まで届いた水は表面張力で溜まっていた水と結合し、大きな塊となる事で頭を振るとスムーズに出てきてくれるのです。

今まで綿棒やこよりで耳の奥の水を吸い取るやり方をしていた方は、耳の中を傷付けてしまい、感染症を引き起こす恐れがあるので、止めましょう。

水が耳に入らないようにする為に、冷たくない時期でもサーファーズイヤー予防の耳栓を装着する事で、耳に水が入るのを防ぐ事が可能です。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 世界初!インフレータブル人工リーフ「Airwave(エアウェーブ)」とは
  • 宮崎で開催される2019年ISAワールドサーフィンゲームスの出場サーファー
  • 最新リーシュコードが当たるチャンス!クリエーチャーズのフォロー&いいねキャンペーン
  • 波チェック用ライブカメラがサーフィンを撮影!サーフラインセッションズとは
  • 進化した撮影方法!コア・スミスによる驚きの”三人称視点”サーフィン動画
  • 7/29(月)~8/3(土)「RVCA WORLD TOUR TOKYO」開催!12イベント概要
おすすめの記事