【サーフィン】潮の満ち引き”タイド”って何?良い波を当てるコツ

タイド(Tide)とは海の潮を意味し、潮の満ち引き潮汐を指す言葉として用いられ、サーフィンをする上で理解しておくとサーファーにとって大きなメリットがあります。

それは、「良い波」を予測できること!

宇宙規模で起きる潮の満ち引きは、波に大きな影響を与えているのです。

この記事のポイント潮の満ち引きが起きる原因と波に与える影響を知ると、良い波を当てられる確率が上がります。

まずは、波が割れるメカニズムを知ろう!

沖からやってきたうねりがブレイクし、サーフィン可能な波になるメカニズムはご存知でしょうか?

この後にご説明する潮の満ち引きをより理解しやすくなるので、簡単にご説明させていただきます。

基本的に海底は岸に近づくにつれて、どんどん浅くなっていきます。

浅くなっていく海底に、沖からやってきた”うねり”が岸に向かって来る事で、行き場を失った水が下から上にもりあがっていきます。

そして、一定以上にもりあがったうねりは重力に耐えきれなくなり、割れるのです

うねりは実にシンプルなメカニズムで割れ、サーフィンが可能な波になります。

潮の満ち引き

実は、潮の満ち引きには「」が大きく関与しているのです。

波のコンディションは月に左右されると言っても過言ではありません。

香川県にある砂洲、エンジェルロードの干満差の様子。

(上の写真が満潮時、下の写真が干潮時)

地球の周りにある太陽と月の重力によって海の潮は動き、潮の満ち引きが発生します。この現象を「潮汐(ちょうせき)」とも言います。

ただし、太陽は地球からの距離がはるか遠いので、月と比べると潮汐力は半分程度になります。

下の画像をご覧ください。

 

画像出典:石垣島ぶどり商店便り

地球上の月に最も近い海面は引力で月の方へと引き上げられ、「満潮(満ち潮)」になります。

また、月の引力が弱い地球の反対側の海面も満潮になっていますね。

地球の回転運動による遠心力で海面がもりあがっているのです。

月の引力と地球の遠心力でラグビーボールのように楕円形になった海面の中で、低い部分が「干潮(引き潮)」になります。

地球が1日に1回転(自転)する中で地球上に存在するサーフポイントは大体6時間おきに満潮と干潮が繰り返され、1日に2回ずつ交互にやってきます。

ただし、干潮から次の干潮まで(あるいは満潮から次の満潮まで)の周期は約12時間25分なので、毎日約50分ずつ「ズレ」が生じ、潮の満ち引きが1日1回の日も年に数回あります。

潮の満ち引きが波に与える影響

干潮時のことを「ロータイド」、満潮時のことは「ハイタイド」と言いますが、両者の波質を比べると反対の性質を持っています。

そして、ロータイドがハイタイド(または逆)に移り変わる時間帯の事を「ミドルタイド」と言います。

この中で最も波が良くなる時は潮が動いている時間帯のミドルタイドです。

それぞれの波質を見ていきましょう。

干潮”ロータイド”時の基本的な波

はじめにお伝えした波が割れるメカニズムを思い出してみましょう。

ロータイドは海面が低くなる為、海底までの水深が浅い特徴があります。

うねりのパワーにもよりますが、ブレイク()の速い「掘れた波(斜面が急で切り立った波)」になる傾向があります。

チューブ(波のトンネル)を形成したり、幅がワイドな波のダンパー(一気に全部ブレイクしてしまう波)になりやすいと言えます。

潮が引いているときは海水が沖に動いているのでうねりが抑えられて波が小さくなる特徴があります。

もちろん、サーフポイントの地形や風など、その時の自然の影響もあるので、一概には言えません。

※ブレイク・・・波が割れる、崩れるという意味。

満潮”ハイタイド”の基本的な波 

ハイタイドは海底までの水深が深くなるので、うねりのパワーが小さいと波が割れずらい特徴を持ち、波のピーク()が岸寄りになります。

つまり、「厚い波(斜面がなだらかで切り立っていない波)」になる傾向です。

大きなうねりが届き、地形が整っていればゆったり波がブレイクするロングボード向けの波になることも。

※ピーク・・・うねりが最初にブレイクする場所。波を山に例えると山頂の部分。

潮が動いている”ミドルタイド”は波が良くなる

潮が干潮から満潮(もしくは満潮から干潮)に向かっている時はミドルタイドと言い、潮の干満差が最もあるこの時間帯は、波のコンディションが良くなる傾向にあります。

筆者の周りのサーファーも、「潮の上げ時(下げ時)が狙い目だね〜」等の会話を海でしているのをよく耳にします。

つまり、ミドルタイドの時間帯に海に行くと、良い波を当てられる可能性が高いのです。

  • 満潮〜干潮に近づいている時は、海水が沖に向かっているのでうねりが抑えられて波のサイズが小さくなる傾向
  • 干潮〜満潮に近づいているミドルタイド時は、海水が岸に流れ込み、波のサイズが大きくなる傾向

上記のポイント+風とうねりの向きを考慮すれば良い波を当てられる確率がグッとUPすると覚えましょう!

満月、新月の間は波が良くなる

月と太陽と地球の位置関係によって、潮回りが発生する&満潮と干潮の高低差が変化し、波にも影響があります。

満月、新月の期間は潮の満ち引きの高低差が最大になるので潮の動きが激しい=波が立ちやすくなります。

以下の画像をご覧下さい。

月は約27日かけて地球を1周しますが、その間に満月新月になる時が1回ずつあります。

地球と月と太陽が一直線になる満月と新月の時は、「大潮」と呼ばれる潮回りです。

普段よりも潮の動きが多くなり、波が良くなる傾向にあります。

地球を軸にして月と太陽が直角になる位置関係の時は、「小潮」と呼ばれ、満潮と干潮の高低差が最も小さい期間です。ミドルタイドの変化があまり無いので、波が立ちづらい潮回りと言えます。

その他の潮回りの名称

  • 中潮・・・大潮と小潮の間の期間。
  • 長潮・・・潮の干満差が一段と小さくなる小潮末期。
  • 若潮・・・長潮の翌日。(潮の干満差が次第に大きくなっていく)

【番外】沖縄は干潮時にサーフィンができない

View this post on Instagram

 

PADOPADO OKINAWAさん(@padopadookinawa)がシェアした投稿 -

南の島、沖縄に存在するサーフポイントの海底はサンゴ礁や岩などで形成された「リーフブレーク」なので、干潮になると水深が浅くなり、サンゴ礁が海面に現れるため、サーフィンができるのは満潮時のみなんです。

その時間、満潮時の前後2時間ほど

この時間を短いと感じるか、ちょうどいいと感じるかは人によりますが、筆者の考えですと時間を制約される為、集中してサーフィンができるので、ある意味メリットだと思いました。

潮の満ち引きで波質は変わりますが、世界には、沖縄のようにリーフブレイクでサーフィンができない場所がたくさんあるんです。

日本は海底が砂のビーチブレイクが多いですが、サーフトリップなどで行く初めてのサーフポイントは事前に潮の満ち引きによる危険がないか確認しておきましょう!

関連動画

まとめ

いかがでしたでしょうか。

月や太陽という壮大な宇宙が関係している波に、自然の偉大さと奥深さを感じずにはいられませんね。

改めてサーフィンの素晴らしさを考えさせられました。

潮の満ち引きと潮回りを一目で見るには”タイドグラフ(潮見表)”付きの腕時計が非常に便利です。

ネットでも潮の動きを見ることができるので、風向きやうねりの高さなどを合わせて波を予想することで、より良い波を当てられる確率が上がります。波情報アプリを活用するのもいいでしょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 【ふるさと納税】サーフィン関連の返礼品がもらえる自治体10選
  • プロサーファーを目指す!注目キッズサーファー”酒井仙太郎”
  • ジャパンオープンオブサーフィン
    第1回ジャパンオープンオブサーフィンは村上舜と松田詩野が優勝!波乗りジャパンの6名も決定!
  • ビラボンの新企画「Know The Feeling」!サーファー必見の内容とは?
  • ジャパンオープンオブサーフィン
    日本一決定戦「第一回ジャパンオープンオブサーフィン」大会概要
  • GWはキャッチサーフのポップアップストアへGO!4/27(土)〜5/12(日)
おすすめの記事