日焼けは食べ物で予防できる!?紫外線対策に効果的な栄養素

紫外線量が最も多い夏、日焼けを防ぎたいサーファーは紫外線対策として、日焼け止めを多用しますが、ある特定の成分が含まれている”食べ物”でも、実は紫外線対策が出来る事をご存知でしょうか?

今回は、紫外線による日焼けに効果のある食べ物をご紹介!体の中から日焼けを予防しましょう。

  • 記事の内容日焼けの予防に効果的な栄養素
  • 日焼けしやすくする栄養素

日焼けは食べ物で防げる!?紫外線に効果的な栄養素

紫外線は骨を丈夫にするビタミンDの生成、殺菌作用、ストレス発散、体内時計を整えるなど、体にとって良い働きをする一方、過剰に紫外線を浴びてしまうと、肌細胞を守る為に体内で”活性酵素”が作られます。

活性酵素とは、肌の老化を進行させてしまう酵素で、メラニンの生成を促す働きがあり、これがシミやそばかす、くすみなどの原因になります。

しかし、ある特定の成分を摂取する事で、紫外線によって発生した活性酵素を抑制する事ができ、肌の老化を予防してくれます。

波乗り太郎
波乗り太郎
食べ物でも紫外線対策ができるの!?

体の中から、紫外線のリスクが予防できるんだよ
LABO君
LABO君

ビタミンA

ビタミンAには高い抗酸化作用があり、皮膚や粘膜を紫外線から保護する働きがあります。

免疫力を高める効果が期待でき、日焼けした後の疲労がたまった体に必要な栄養素です。

脂溶性ビタミンなので、油と共に摂取する事で吸収率が上がります。

ビタミンAを多く含む食べ物:レバー、うなぎ、ニンジンなどの緑黄色野菜など

ビタミンC

ビタミンCの抗酸化作用が活性酵素を抑制し、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の過剰生成を抑えてくれます。

さらに肌のハリやコラーゲンの生成を促し、健やかな肌をキープしてくれます。

ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱い特徴があるので、生で食べる事をお勧めします。

ビタミンCを多く含む食べ物:イチゴ、赤ピーマン、ブロッコリーなど

ビタミンE

ビタミンEには体内の血流を良くする作用があり、新陳代謝を高めてくれる事から”若返りのビタミン”と呼ばれています。

新陳代謝を高める事で、シミやそばかすができにくくなり、肌の老化を予防します。

ビタミンCと一緒に摂取すると、相乗効果が狙え、より効率的に紫外線対策ができます。

ビタミンEが多く含まれる食べ物:アーモンド、アボカド、イクラ、かぼちゃ、大豆など

リコピン

トマトなどに多く含まれるリコピンには、高い抗酸化作用があり、紫外線を浴びた際の活性酵素を抑え、メラニンの生成も抑制する効果が期待できます。

紫外線を浴びそうな日の朝に摂取しておきたい栄養素です。

リコピンが多く含まれる食べ物:トマト、スイカ、柿、人参、パパイヤなど

日焼けしやすくなる食べ物

紫外線によって発生する活性酵素は、上記の抗酸化成分を摂取する事で抑制できますが、反対に、日焼けをしやすくする食べ物がある事も知っておきましょう。

一部の食べ物には、”ソラレン”という紫外線に敏感になる成分が含まれており、日焼けがしやすくなると言われています。

ソラレンが含まれる代表的な食べ物は、オレンジやレモンなどの柑橘類で、他にもキウイやイチジクなどの果物、キュウリやセロリなどの野菜にも含まれています。

朝ごはんに柑橘類などを食べられる方も多いですが、紫外線を多く浴びそうな日は避けた方がいいでしょう。

波乗り太郎
波乗り太郎
日焼けしやすくなる食べ物もあるんだ!注意しなきゃ

紫外線を多く浴びるサーファーは、食べ物にも気を使って、健康的な肌をキープしよう!
LABO君
LABO君

まとめ

一般的な日焼け対策の他にも、食べ物で体の中から紫外線対策ができてしまう事をご存知でしたか?

過剰な紫外線で発生する”活性酵素”に抗酸化作用のある栄養素は以下の4つです。

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • リコピン

反対に、日焼けをしやすくしてしまう成分に、柑橘類などに含まれる「ソラレン」があるので、紫外線対策を徹底したいサーファーは注意しましょう。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • サーファーは目の日焼けに注意!紫外線の影響とサングラスの選び方
  • 日焼けは食べ物で予防できる!?紫外線対策に効果的な栄養素
  • 現在世界ランク1位のジョンジョン・フローレンス再び膝負傷で復帰は来季か
  • 梅雨の時期はサーフィンに適する?梅雨前線が波に与える影響とは
  • 世界最高峰の人工波サーフィン施設「サーフランチ」木更津で建設中止か
  • サーファー必見!耳に入った水を簡単にすぐ抜く方法
おすすめの記事