サーフィンに影響がでる!?ベストコンディションを保つ為に知っておきたい食事方法とは?


サーフィンのビフォーアフターで何を食べれば、良いパフォーマンスを発揮でき、疲労感もなく、筋力アップにつながるのか?

サーフィンをより楽しむ為に知っておきたいところです。

ベストコンディションを保つためには、サーフィン前後の食事が、とても重要になってきます。

そこで今回は、サーファーの為の食事方法についてまとめていきました。

この記事のポイント ベストコンディションでサーフィンする為の食事方法がわかる!

サーフィン前の食事の取り方

サーフィンを始める3~4時間前に食べる食事

サーフィンはエネルギーを多く消費するスポーツです。だからと言って、食べるものはなんでも良いという訳ではなく、主食がメインでパン、麺類、ご飯などが良いです。

直前に食べるのではなく、事前に食べておく事でサーフィンをする上で、必要なエネルギーを蓄える事ができてスタミナを保つ事ができます。サーフィン中はできるだけ、消化活動をしている時間は避けましょう。

消化作業中にサーフィンを行うと、腹痛や、気分が悪くなってしまう可能性もあり、消化作業で腹部に血が集まってしまいます。筋肉を動かすには血液が必要になるので、運動機能が低下してしまいます。せっかく鍛えた筋肉を最大限に活かす事ができなくなってしまいます。

食べ物別消化時間

タンパク質は消化に時間が長くかかり、特に脂質は胃の働きが鈍ってしまい消化を悪くします。消化のスピードが遅い食べ物は、胃に長く残り、腹持ちが良いのですがスポーツをする前は向いていません。食べ物によって、消化時間が変わってきます。下記を参考に消化時間を把握しておきましょう。

・ゼリー、カロリーメイトなど=30分~1時間程度

・果物=30分~1時間程度

・野菜=1~3時間

・刺身=2時間程度

・米、麺、パン主に炭水化物=2~3時間程度

・豆、ナッツ=2時間半~3時間程度

・煮物、焼き魚=3時間程度

・焼肉、ステーキ=4~6時間以上

・揚げ物=4~8時間程度

上記を見て頂くと、脂質が多い物は消化に時間がかかり、脂質が少ない野菜や果物は、水分が多く消化が早いので、サーフィン前に食べる食事に適していると言えます。

魚、肉などは疲労回復に効果的なので、サーフィン後に食べる事をおすすめします。

サーフィンを始める1時間~2時間前に食べる食事

サンドイッチ、おにぎり、うどん、蕎麦など油が少なく糖質をメインとした軽食を食べる事をおすすめします。油を多く使った料理は消化に時間がかかってしまい、胃にも負担がかかってしまいます。いざパドリングしようと思った時に体が思うように動かないことがあります。

サーフィンを始める30分~1時間前に食べる食事

サーフィンをする前に取る食事は、消化が良いバナナなどの果物、ゼリーなどでエネルギー補給する事がおすすめです。エネルギーバーなども移動中に食べれるので良いですね。


サーフィン後の食事の取り方

サーフィン後はものすごくエネルギーを消費していて、体が栄養を欲している状態です。早めに栄養を補給する事で疲労の回復、パドリングで使った筋肉の強化につながります。サーフィンだけではなく、運動全般で応用がきくのでぜひ覚えておいて下さいね。

サーフィン後の疲労を回復する為に補給したい栄養

海から上がった後に、必要な栄養を取る事で早い段階で疲労回復し、翌日に疲れを残りにくくなります。その為には、おにぎり、ゆで卵、果物など、糖質タンパク質を取るようにしましょう。

糖質はタンパク質、脂質、炭水化物、この3つの栄養素中にある炭水化物の一部です。糖質は体を動かす為に必要な栄養なのでサーフィンを前、後に食べる事をおすすめします。

タンパク質は多くのアミノ酸によって構成されている栄養素です。筋肉だけではなく、髪、爪、肌を作る上で必要な栄養素です。魚、肉、卵、豆、乳製品に多く含まれています。

筋肉疲労は、サーフィンで使った筋肉が傷つき、固まった状態のことを言います。固まった筋肉は、マッサージやストレッチをして、ほぐしておいた方が疲労感を軽減できます。筋肉を修復するためには、筋肉の合成を助ける糖質、筋肉の源になるタンパク質の補給が必須です。糖質とタンパク質をバランス良く補給する事が疲労回復への近道になります。

サーフィン後に食べるおすすめ食べ物と食べる時間

サーフィンをしてから約1時間~1時間半の間に糖質とタンパク質を簡単に取る事ができる食べ物をまとめたので、ぜひ参考にご覧ください。

糖質

・おにぎり・サンドウィッチ(パン類)・バナナなどの果物・エネルギーセリー

タンパク質

・ゆで卵・ヨーグルト・チーズ・鶏肉(ささみ肉が良い)

サーフィン後に食べる事をおすすめしない食べ物

絶対とは言いませんが、サーフィン後に基本的に食べない方が良い物も紹介します。

・お菓子(駄菓子)・ケーキ・菓子パン・アイスクリームなど

サーフィン後に、食べると美味しいという人もいると思います。なるべく疲労を回復させるなら油っこい食べ物は消化が悪いので避ける事をおすすめします。栄養分も少ないので疲労回復には向きません。

関連動画

運動をする前に食べた方が良い物について解説してくれています。

様々な疲労回復方法について解説してくれています。

まとめ

サーフィン前は、スタミナ切れにならないように、できる限り消化が良い食べ物を食べて、胃の中に食べ物が残っていない状態で海に入る事で最高のサーフィンをする事ができます。

サーフィン後は、エネルギーを消化した体にできるだけ早く、栄養補給をする事で疲労回復にも繋がり、サーフィンに必要な筋肉を作り上げる事ができます。

サーフィンを楽しむ為に、サーフィン前、後も食べる物が大切という事がわかって頂けたと思います。

色々と試してみて、あなたにあった食事方法を見つけて、さらにサーフィンを楽しんでいきましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

関連記事

サーフィン 後のプロテインは効果絶大!オススメの理由!

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

 

 

スポンサーリンク

関連キーワード
  • 【メンズレディース別】サーフィンブランドおすすめランキング24選
  • ハワイやカリフォルニアの美しき写真&アイテムが魅力「Always Sunshine CO.」
  • カリフォルニアで”今”人気のサーフィンブランド5選!
  • サイト上で無料で見れるサーフィン漫画「サーファージョー」
  • 新進気鋭サーフィンブランド「BANKS(バンクス)」のおすすめTシャツ
  • 世界初!インフレータブル人工リーフ「Airwave(エアウェーブ)」とは
おすすめの記事