サーフィンはダイエット効果が凄い?消費カロリーはどれくらい!?

(アイキャッチ画像:coolerlifestyle

普段の日常生活の中で、大きなダイエット効果は望めず、体脂肪を燃やすことはなかなか難しいですよね。

そこで、全身運動であるサーフィンはダイエットに向いているスポーツなのか気になりました。

今回はサーフィンのダイエット効果に迫りたいと思います。

この記事のポイントサーフィンの消費カロリー、サーフィンがダイエットに向いている理由を知ることができます。

サーフィンがダイエットに向いている理由3つ

 

View this post on Instagram

 

Tom Vallejoさん(@tomlavallej)がシェアした投稿 -

波乗り太郎
波乗り太郎
ねえ、LABO君!僕、毎回サーフィン帰りにラーメン食べちゃうから太っちゃったよ〜。サーフィンの消費カロリーってどれくらいなの?

サーフィンの消費カロリーは海の状況や、サーファーによって、大きく変わるよ!
LABO君
LABO君

波乗り太郎
波乗り太郎
波があまり無い時は、波待ちの時間が多くなるから、消費カロリーは少ないってこと?

そうだね!でも、サーフィンのダイエット効果は他にもあるんだ!今から教えるね!
LABO君
LABO君

1.カロリー消費ができる

サーフィンのカロリー消費はサーファーや波によって、大きく変わりますが、パドル等の基本動作、ライディング時の全身運動によってしっかりとカロリー消費ができます。

具体的にどれくらいカロリー消費が見込めるのか、見てみましょう。

サーフィンの消費カロリーの目安

日本人の年代別平均体型の人がサーフィンを2時間した時の消費カロリーの目安を調べてみました。

下の表の値は、「イートスマート」のカロリー・チェックで割り出された値で、波のサイズが小さくゆったりなサーフィンの消費カロリーの目安とお考え下さい。

男:身長

(170cm)

女:身長

(158cm)

20代60kg 300kcal 20代50kg 230kcal
30代65kg 302kcal 30代55kg 249kcal
40代70kg 325kcal 40代55kg 249kcal
50代70kg 314kcal 50代55kg 237kcal

 

ゆったりとサーフィンする場合、そんなに大きなカロリー消費は見込めないかもしれません。

しかし、サーフィンは前述したように波の状況やサーファーのスキルによっても大きくカロリー消費は変わります。

波のサイズが大きい時や、たくさん波に乗るサーファーであれば、2時間のサーフィンでも1000kcalに近い、もしくはそれ以上の大きなカロリー消費が望めるでしょう。

2.体を引き締める効果が期待できる

サーフィンの基本動作であるパドリングは腕の筋肉を使うので、二の腕の引き締め効果があると同時に、不安定な水の上で自然とバランスをとっているので、インナーマッスルが鍛えられます。

インナーマッスルは、またの名をコアマッスルと言われ、身体の深いところに位置する筋肉のことを指し、インナーマッスルが強ければ安定感の高いスムーズなサーフィンが実現します。

そして、インナーマッスルが鍛えられることにより、基礎代謝がアップして痩せやすい体となっていきます。

サーフィンは筋肉が鍛えられ、全身が引き締まるスポーツなのです。

3.楽しく続けられる

View this post on Instagram

 

La Vie De Roos - Roos Aaさん(@laviederoosaparis)がシェアした投稿 -


ダイエットをする上で最もありがちな失敗例として、ダイエット自体を続けられないというものがありますが、サーフィンは楽しく続けられるダイエットなので、波に乗る感覚に一度ハマってしまえば途中でやめてしまう可能性は低くなり、継続的に続ければ、体が引き締まっていくことを実感できるはずです。

サプリで脂肪燃焼効果UP!

View this post on Instagram

 

Bram van Adrichemさん(@bramvanadrichem)がシェアした投稿 -

波乗り太郎
波乗り太郎
僕、もっとお腹周りの脂肪を減らしたいんだよね〜。もっと良い方法無いかな!?

それなら、脂肪燃焼サプリを活用してみるのはどう?
LABO君
LABO君

波乗り太郎
波乗り太郎
脂肪燃焼サプリってなに?

サーフィンなどの運動前に飲むと、脂肪燃焼効果がUPするサプリだよ!
LABO君
LABO君

波乗り太郎
波乗り太郎
へ〜!どのサプリがいいのかな?

L−カルニチンというアミノ酸が含まれているサプリを選ぶと良いよ!
LABO君
LABO君

サーフィンを長年やっているけど、なかなか脂肪が減らない...なんてサーファーも中にはいるのではないでしょうか?

人間の体内で合成されるアミノ酸の一つであるL-カルニチンという成分は、運動をする時に、脂肪燃焼を促すアミノ酸として、注目されています。

実は、L-カルニチンは20代をピークに加齢と共に体内から減っていくアミノ酸なんです。

従って、若い時より痩せにくくなったと感じている方は、理由の一つにL-カルニチンの減少があるかもしれません。

脂肪燃焼効果が高まるL-カルニチンは、サプリで摂取が可能です。

サーフィンなどの運動前、1時間〜30分前に常温のコップ1杯のお水で飲むと脂肪燃焼に効果的です。

L-カルニチンが含まれているおすすめサプリの購入はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

View this post on Instagram

 

Impax Toursさん(@impaxtours)がシェアした投稿 -


サーフィンはカロリー消費だけでなく、大きなダイエットが成功する為の理由がありました。

波待ち時間の多いゆったりなサーフィンの平均消費カロリーは、

男性:310kcal

女性:240kcal

ですが、波の大きさやサーファーによっては大きなカロリー消費が見込めます。

また、体を引き締めるインナーマッスルがサーフィンで鍛えられると、痩せやすい体になり、一度波に乗る感覚にハマってしまえば人生をかけて続けられるスポーツなので、継続的なダイエット効果が望めます。

長年、サーフィンをしてもなかなか、痩せられないサーファーの方は体内で合成されるL-カルニチンの減少が理由の可能性があるので、L-カルニチンが含まれたサプリをサーフィン前に飲み、脂肪燃焼効果をUPさせることをオススメします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
OTHERS, 美容・コスメの関連記事
  • 今年注目のサーフィン映画ライフ・オン・ザ・ロングボード2ndWave
  • 平井大
    サーフミュージック界の大人気歌手!平井大の生い立ちと音楽に迫る!
  • 湯浅政明最新作サーフィンアニメ映画「きみと、波にのれたら」初夏公開!
  • サーフィン映画ブレス
    オーストラリアで大ヒット!サーフィン映画「ブレス あの波の向こうへ」日本公開決定!
  • ジャックジョンソン
    サーファー&歌手「ジャック・ジョンソン」生い立ちや有名曲は?
  • サーフィン映画ドリフト
    おすすめサーフィン映画「Drift(ドリフト)」海を愛する兄弟達の感動作!
おすすめの記事