サーフィンにおすすめの人気車種11選

サーフポイントの目の前に住んでいる人は別として、日本に住んでいるサーファーの多くは車を使用して海に通っていると思います。

サーフィンを楽しむためには車の所有が欠かせない今日、気になるのはサーフィンに適した車の種類

燃費が良くて車内も広々、板をたくさん積めて友人とサーフトリップへ行けたら最高ですよね。

そこで今回は、サーフィンに適した人気車種を厳選してご紹介します。

記事の内容サーフィンにおすすめ車種11選

使っているサーフボードの種類に応じて変わるニーズとは

サーフィンと一言でいっても、使用する板の長さが変われば板の呼び方まで変わってしまうもの。

2020年の東京オリンピック種目にもなっているサーフィンとは、長さ約180cm程度の板を使用している「ショートボード」のことを指しています。

板の長さが3m以上のものもあり、そちらは「ロングボード」と呼ばれています。

大きく分けてショートボードとロングボードの2種類が存在しますが、ショートボードなら軽自動車でも積むことができる反面、ロングボードになると大きな車でないと車内に積むことができません。

自分がどのようなサイズの板を使用しているのか?または購入予定なのか?

サーフィンのための車を購入する前には、必ず自分の使用する板のサイズを把握しておくことが大切です。

サーフィンにおすすめの人気車種11選

ここでは、さまざまな目的に応じたおすすめ車種をご紹介していきたいと思います。

ショートボーダーにおすすめの車種

ショートボードは長さが約180cmなので、車内が狭い軽自動車でも助手席を倒せば中積みすることができます。

車の大きさに縛られないため、好みに合わせて車選びができるでしょう。おすすめは以下の2つです。

新型ジムニー

画像出典:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

2019年9月現在、納車まで約2年待ちという大ヒットを記録しているのは、カクカクした四角いボディが外車の雰囲気を感じさせる新型ジムニーです。

軽自動車の本格的4WDで、過酷な土地でも機能性を失わずに走行することが可能に!

車高も高く運転しやすいため、女性サーファーにもおすすめしたい車種といえるでしょう。

サーフポイントの中には「険しい山林を通り抜けたシークレットポイント」「四駆でなければ入れない砂地」などもありますし、新型ジムニーのフォルムはアウトドア感満載でサーファーにも大人気です。

エブリイ

画像出典:https://www.suzuki.co.jp/car/every/detail/

スズキのエブリイは、車内が広々としている軽自動車のバン、通称「軽バン」の人気車種です。

荷室床面積は約2m、ダッシュボードまで利用すれば3m近いロングボードも積むことができてしまう広さが魅力的!

軽自動車なので維持費は安いですし、燃費も19.4km/Lと優秀です。

「とにかく荷物をたくさん積みたい」「維持費が安くてたくさん板を積める車がいい」「ロングボーダーを積める軽自動車を探している」なんて人は、エブリイがおすすめです。

スズキ以外のメーカーも軽バンを販売していますが、サーファーから人気があるのは断トツでエブリイ!

色を選べばスタイリッシュに決まるので、ビジュアル的にも満足度が高い車種といえるでしょう。

(ホンダのバモスも人気がありましたが、残念ながら2018年に生産終了。)

ロングボーダーにおすすめの車種

板の長さが3m近く、もしくはそれ以上になってしまうこともあるロングボード。

ここでは、そんな「長さ」が必要になってくる車種をご紹介します。

ハイエース

画像出典:https://toyota.jp/hiacevan/

サーファーといえばハイエースが頭に浮かんでくるほど、ものすごく多くのサーファーがハイエースを使用しています。

海に行けば必ず1台はあるハイエースは、長いロングボードでも余裕で複数本積むことができる優秀車種!

しかもセカンドシート以降をアレンジすればベッドスペースにもなり、遠くの土地へサーフトリップに出かけやすくなります。

ロングボーダーから根強い人気を得ているハイエースですが、意外とショートボーダーの使用割合も多めです。

特に海から遠い都会住みのサーファーは、休みに合わせて仲間とともに海へ通う場合がほとんどです。

そういった場合に、ハイエースだとたくさん板は積めるし人も乗れるし、サーフィンをして疲れたら後ろのスペースで体を伸ばして休むことができる…。

ハイエースはトリップ好きのサーファーからだけではなく、都会サーファーからも支持されている特徴があります。

ミニバン

画像出典:日産

「セレナ」「ステップワゴン」「MPV」「ノア」などといったファミリー向けのミニバンは、車内も広くてロングボードを楽に積むことができます。

実際に海でも、さまざまなメーカーのミニバンが勢揃いしている日も珍しくありません。

ミニバンの多くは3列シートで7〜8人乗りとなっているため、子どものいる家庭のサーファーに支持されやすい車種でしょう。

スポンサーリンク

低燃費にこだわった車種

サーフィンにハマってくると、自然と海へ通う頻度も増えていきます。

そうなったときに気になるのが、ガソリン代ではないでしょうか?

ここでは、低燃費性が売りの車種をご紹介します。

プリウス

画像出典:https://toyota.jp/prius/index_b.html

低燃費性を重要視するのであれば、プリウスの名前を挙げないわけにはいきません。

卓越されたTOYOTAのハイブリットシステムにより、燃費は驚きの39.0km/L!(Eグレード)

これなら海にガンガン通っても燃料費が気になりませんよね。

プリウスの素晴らしいところはそれだけではなく、車内にロングボードも積めてしまうというところです。

自分1人で海に行くことが多い場合は、無駄に広いミニバンやハイエースなどを選ぶ必要はないでしょう。

また、燃費性はやや劣りますが、プリウスよりも広い車内が売りの「プリウスα」もおすすめできます。

プリウスαはワゴンタイプなので車内も広く、グレードによって2列シートか3列シートを選ぶことができます。

「家族持ちのサーファーだけどミニバンはありきたり過ぎて嫌だ」なんて場合は、あえてプリウスαを所持するのもおすすめです。

カローラフィールダー ハイブリット

画像出典:https://toyota.jp/corollafielder/

またまたTOYOTA車ですが、燃費34.4km/Lのカローラフィールダーハイブリットも低燃費性抜群!

あのプリウスに届きそうな燃費で、海へ通う頻度の多いサーファーにはかなりありがたい存在になるはずです。

燃費はプリウスに近いにも関わらず車体は約220万円〜とプリウスよりも約30万円程度安く、車内はロングボードの中積もOK。

5人乗車できるので、ファミリー層にも使いやすい定番デザインでしょう。

とにかくコスパ重視の車種

ここでは、燃費良し・車内も広くて使いやすいという「コンパクトカー」をご紹介します。

フィット

画像出典:https://www.honda.co.jp/Fit/

フィットは燃費24.6km/Lのガソリンタイプ、34.0km/Lのハイブリットタイプの2種類をラインナップ。

コンパクトカーなのに車内はワゴン車のような開放感があり、セカンドシートのアレンジをすればベビーカーや自転車などさまざまな荷物を乗せることができます。

ダッシュボードまで使用するとロングボードを中積することもでき、かなり実用性の高い車種といえるでしょう。

また、ハイブリットであるにも関わらず、車体は税抜きで200万円を下回るものも!

タンク

画像出典:TOYOTA

燃費約22.0〜24.6km/L(G“Cozy Edition”)、販売価格は約170万円というTOYOTAのタンク。

両側スライドアと車内の天井が高いという特徴があり、特にファミリー層から人気を集めているコンパクトカー。

天井が高いという利点を活かし、手すりに紐をつけてサーフボードを天井と並行に収納できるというメリットが強みの車種です。

また、車内は大柄男性が4人乗車しても快適性が保たれるほど広く、さまざまなサーフグッズを積み込んで海に向かうことができますよ。

車中泊におすすめの車種

サーファーの中には、車中泊をして遠くの土地にサーフィンをしに行く人も珍しくはありません。

したがって、車中泊ができる車種にも注目が集まりがち。

車中泊の定番車種ともいえるのは「ハイエース」ですが、ここでは一味違った車中泊ができる車種をご紹介してみたいと思います。

プロボックス(サクシード)カスタム

画像出典:biglobe

TOYOTAの商用車であるプロボックスやサクシードですが、実はこの車をSUV風にカスタムして乗り出すサーファーがじわじわと増えてきています。

プロボックスやサクシードは商用車として発売されているため、とにかくタフで壊れにくいのが特徴的!

荷物をガンガン載せてもスイスイ走ってくれるその姿は、サーファーにとってこの上なく魅力的に映るはずです。

2インチリフトアップして塗装を加えれば、なんだか外車みたいな雰囲気を醸し出してくれるので不思議です。

そしてこのプロボックスやサクシード、2列目シートを完全にフラット化させると長さが180cmになり、運転席を前方へスライドさせればなんと2mほどの広さに!

これなら自作ベッドを作りやすいですよね。1〜2人でサーフトリップへ出かける場合には、ハイエースでなくてもプロボックスやサクシードで対応可能です。

カッコ良さを追求したい人におすすめの車種

最後にご紹介するのは、とにかくカッコつけたい人におすすめの車種です。

サーファーはアウトドア派の人が非常に多く、SUV車に人気が集まっていますよ。

JEEP ラングラー

画像出典:https://www.jeep-japan.com/wrangler-jl.html

アフリカやサバンナで走行していそうな外見なのは、JEEPの定番車種「ラングラー」です。

カクカクとした四角いボディはもちろん、丸型ヘッドライトや7スロットグリルは雰囲気抜群!

1941年の誕生以来途絶えることなく愛され続けているラングラーは、アウトドア派の人なら死ぬまでに1度は乗ってみたい憧れの車種でしょう。

エクストレイル

画像出典:日産

日産のエクストレイルは、雪山やオフロードを快適に走るために作られた車です。

スノーボーダーの愛用者も多いエクストレイルは、板などのギアをしっかり積める広いラゲッジルームが特徴的。

最大1745mmのラゲッジルームには傷みや汚れが付着しにくい防水仕様も設定されていて、濡れたサーフボードやギアも気にすることなくガンガン載せることができます。

また、驚くことにフロアも防水加工がしてあるのがエクストレイルの優れたところ!

どうしてもサーフィンに使用する車は汚れてしまいやすいのですが、エクストレイルならキレイな状態をキープしやすいといえるでしょう。

お気に入りの車でサーフィンへ出かけよう!

いかがでしたか?

サーフィンに適した車種は、使用する板の長さや乗る人数などにもよって異なりましたね。

車の購入を本格化させる前に、乗りたい車やサーフィンスタイルを考え、自分に合った最高の1台を見つけましょう!

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • サーファーであればサーフトリップに一度は行ってみたい種子島
  • メンズ系のサーフィンファッションが熱い!レディースでもOKの注目ブランド9選
  • サーフィンで車中泊に適した車の選び方
  • サーフトリップに必要な持ち物ってどんなもの?
  • サーフィンにおすすめの人気車種11選
  • サーフィン映画おすすめ5選!サーファー必見の名作はコレ!
おすすめの記事