オーストラリア東海岸の穴場的サーフスポット「キャバリタ」でサーフィン

アイキャッチ画像出典:swellnet

サーフィン大国オーストラリアと言えば、東海岸のゴールドコーストが有名ですが、スナッパーロックスなどの有名なポイントだと、サーファーの混雑でなかなか波に乗れないという場合が多いです。

せっかく良い波のオーストラリアへ行ったのに、波に乗れないと勿体無いですよね。

そこで今回は、オーストラリア東海岸へサーフトリップに行かれるサーファーにおすすめな穴場的サーフスポット「キャバリタ/Cabarita」をご紹介します。

記事の内容

  • オーストラリアNSW州にあるサーフスポット「キャバリタ」

オーストラリアの穴場的サーフスポット「キャバリタ」

画像出典:Instagram

青く透き通った海水と上質な波がブレイクし、サーフィンが盛んなオーストラリアと言えば、キラやスナッパーロックスと言った有名サーフスポットがある東海岸が有名ですが、シーズンになると多くのサーファーで混雑する特徴があります。

そんな混雑するクーランガッタエリアから近く、穴場的なキャバリタは、世界トップレベルのエアリアルサーファー、チッパ・ウィルソンの地元でもあり、コンスタントに良い波がブレイクするサーフスポットです。

波のサイズが大きくなると、キャバリタの岬(ノーリーズヘッド)の右奥からロングライド可能なライトの波がブレイクし始め、数百メートルのライディングが可能なポイントブレイクになります。

画像出典:Youtube

波はそれほど早くないブレイクなので、幅広いレベルのサーファーが楽しめますが、入水の際はと、波が大きくなると発生する左へ流れる強烈なカレント(離岸流)に注意しましょう。

波が小さい時はファンウェーブが楽しめ、初心者でもサーフィンが楽しめます。

北側にも広いビーチがあり、コンディション次第ではライト&レフト共に素晴らしいブレイクでサーフィンが楽しめます。

岬の南側にもサーフィン可能なビーチがあり、北風が吹いた時にチェックしてみましょう。

キャバリタにはスーパーや飲食店があり、日本食レストラン「IZABU」もあるため、ワーキングホリデーで滞在する日本人も多く、穏やかな雰囲気に包まれた住みやすい町です。

ローカルサーファーのレベルも高いので、岬の上からサーフィンを見学するだけでも楽しめます。

波乗り太郎
波乗り太郎
人が少なくて波も良いなんて、最高だね

ロケーションがとても良い場所だから、ぜひ訪れて欲しい場所だよ
LABO君
LABO君

キャバリタの基本情報

サーフィン可能な波のサイズ 2~15ft(0.6~4.6m)
ベストなうねりの向き 北東~南東
オフショア 南~南西
サーフシーズン 12月~6月

キャバリタへの行き方

キャバリタはゴールドコースト空港から車で約20分と近く、アクセスがしやすい場所に位置します。

ゴールドコースト空港からの行き方は、ハイウェイ(M1)で南へ15分ほど走り、ツイード・コーストロードへの出口(ガソリンスタンドなどがあるサービスエリア)で降り、キングスクリフ方面へ向かいます。

しばらく道なりに進み、キングスクリフ、カジュリナを過ぎると、キャバリタに到着します。

キャバリタの町中を過ぎると、左手に駐車場が見えてきます。

キャバリタの関連動画

まとめ

画像出典:jonnymelon

以上、ゴールドコースト空港から20分ほどで行けるNSW州のサーフスポット「キャバリタ」でした。

クーランガッタエリアが混雑しているシーズン中、人の多さから解放されたいサーファーにお勧め出来るサーフスポットで、波のサイズ大きくなると、岬の先からロングライド可能な波がブレイクします。

ロケーションがとても良い場所なので、オーストラリアへサーフトリップに行かれる方は、ぜひ訪れてみて下さいね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

おすすめの記事