カリフォルニア屈指のレギュラーポイントブレイク”リンコン”!サーフポイント解説

(アイキャッチ画像引用:travelgrom

世界のサーフカルチャーの中心地であるカリフォルニアには、推定75万人以上のサーファーがいると言われており、多くのサーフポイントが点在しています。

中でも、カリフォルニア屈指のレギュラーポイントブレイクの”リンコン”は、スーパーロングライドが可能な場所で、レジェンドサーファーであるトムカレンをはじめ、現WCTサーファーのコナー・コフィン、世界一有名なフリーサーファーのデーンレイノルズらのホームブレイクとしても知られています。

有名カリスマサーファーを輩出しているカリフォルニアのメジャーポイント、リンコンの波をサーフトリップに役立つ情報と合わせてご紹介します。

記事の内容リンコンの

  • 水温
  • 行き方

カリフォルニアが誇るサーフポイント”リンコン”

画像出典:Instagram

リンコンは、ロサンゼルスから車で北に約1時間半、ベンチュラとサンタバーバラの境目に位置し、冬になると北からのうねりでコンスタントに世界レベルのレギュラーの波が姿を現すポイントブレイクです。

ボトムは玉石と砂で、非常にクリーンな波質でバレルも形成します。

サイズのあるうねりがリンコンに届くと、インディケーターと呼ばれるポイントの最も沖で割れるセクションからクリーンなロングウォールが続き、インサイドまで続きます。

若干ワイドで速いブレイクですが、条件さえ整えば500m以上のスーパーロングライドをする事ができ、インサイドにかけてリップがめくれ上がってくるとチューブライディングも可能です。

パワフルな波が炸裂しますがピークからでもテイクオフは比較的イージーで、大きなマニューバーで乗り繋いでいくライディングを楽しめます。

エキスパートでなくても楽しめるリンコンですが、波のサイズが大きくなるとインサイドに強いカレントが発生するのでロングライドをした後に流された時は一度岸に上がり、ポイントまで戻りましょう。

ちなみにリンコンはQueen Of The Coast / 海岸の女王と呼ばれており、その美しい規則的なロングウェーブは世界中のサーファーを魅了し、多くのサーファーがこの波を求めてやってきます。

波乗り太郎
波乗り太郎
波を当てる事ができれば、人生で最長のロングライドができるかもね!

冬になると、リンコンの極上波を求めてケリー・スレーターもよく訪れるそうだよ
LABO君
LABO君

リンコンの基本情報

サーフィン可能な波のサイズ 2〜12ft(0.6~3.7m)
ベストなうねりの向き 南西〜北西
オフショア 北東
ベストな潮回り ロータイド
サーフシーズン 11月〜3月

リンコンの水温

Rincon water

画像出典:WeatherSpark

カリフォルニアへサーフトリップに行くにあたり、持っていくウェットスーツですが、リンコン周辺のエリアは温暖な気候ではありますが、1年を通して水温は冷たく、夏場(7月〜10月)でも17℃〜18℃までしか水温が上がらない為、フルスーツを持っていくことをお勧めします。

リンコンのサーフシーズンに当たる冬(12月〜4月)の水温は特に冷たく、12℃〜14℃しかありません。

冬にリンコンへトリップに行く際は、フルスーツ、またはセミドライのウェットスーツに加え、グローブとブーツのセットも身に着けましょう。

リンコンの極上のレギュラー波を楽しむ為には、防寒準備を徹底し、暖かいウェットスーツを持って行きましょう。

波乗り太郎
波乗り太郎
夏でも海は冷たいんだね〜、穴の空いたウェットスーツは持って行かない方がいいね

冬は特に冷たいけど、行く価値アリなトリップ先だよ!
LABO君
LABO君

リンコンへの行き方


日本から約10時間のフライトを経てロサンゼルス国際空港に到着したら、車でハイウェイ101に乗って北上します。

ハイウェイ101に乗って北上すること1時間半、ベイツロード(Bates Rd)で降り、最初のコーナーを左折し、先に進むと無料の駐車場が見えてきます。

無料駐車場から少し歩くと、リンコンのビーチに到着です。

リンコンでは満潮の時に岩場を歩くことになるので、足を痛めたくない方はブーツの装着をお勧めします。

波乗り太郎
波乗り太郎
LAまでのフライト時間は長いけど、空港からのアクセスは良いね!

駐車場が満車だったら波に期待できるよ
LABO君
LABO君

リンコンの関連動画

まとめ

画像出典:Youtube

カリフォルニアを代表するライトハンダーのポイントブレイク”リンコン”のご紹介でした。

条件が整うことで極上の波が姿を現し、500m以上のロングライドが可能なリンコンは、冬がサーフシーズンで、サーファーならば一度は訪れたいトリップ先としておすすめです。

訪れる際は水温が冷たいので、暖かいウェットスーツが必需品です。

冬に南カリフォルニアを訪れるサーファーは、リンコンへ行き、膝がガクガクするほどのスーパーロングライドを楽しんでみてはいかがでしょうか?

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • カリフォルニア屈指のレギュラーポイントブレイク”リンコン”!サーフポイント解説
  • ニュージーランドでサーフィンするならラグラン!サーフポイント解説
  • クラマス
    世界大会も行われるクラマス / Keramasの波とは?サーフポイント解説
  • オーストラリアが誇る有名サーフポイント”ベルズビーチ”波や歴史とは?
  • 種子島
    サーフトリップに最適な種子島でサーフィン!ポイントや行き方など役立つ情報まとめ
  • Dバー
    オーストラリアの人気サーフポイント「Dバー」を徹底解説!
おすすめの記事