大型船の引き波でサーフィン!?世界の檄レアサーフスポット!

ボートが走ることで発生する波に乗るボートサーフィン(またの名をウェイクサーフィン)をご存知の方は多いと思います。

しかし、大型のフェリーが航行した後ろに発生する引き波【以下、航跡波(こうせきは)でサーフィンができる場所を知っていますか?

今回は、驚くべきユニークなサーフポイント「Dollymount Beach(ドリーマウントビーチ)」のご紹介になります。

この記事のポイント世界的に珍しい航跡波サーフィンについて知ることができます。

Dollymount Beachってどこにあるの?

アイルランドの東部に位置する首都「ダブリン」は、アイルランドの全人口のおよそ4分の1が集中しており、国内最大の都市です。

113kmに渡り、多くの入り江がある海岸線はダブリン湾に面しており、市内中央に流れる「リフィー川」によって北岸と南岸に分けることができます。

Dollymount Beachはこのリフィー川からすぐの北岸にあります。

大型船の航跡波に乗れる?

アイルランドの大西洋側に面している海岸では、しばしばビッグスウェルで素晴らしい波が立ちますが、アイルランドの東海岸とイギリスを隔てるアイリッシュ海に面している海岸は、波が発達しづらいので普段はフラットなコンディションが多いです。

波があまり無いアイルランドの東海岸ですが、地形が遠浅である特徴を持つDollymount Beachではちょっと変わったユニークなサーフィンが楽しめます。

国内最大の都市であるダブリンは、毎日大型の客船や貨物線が湾を通ります。

船が通ったことで発生した航跡波がDollymount Beachの沖の方からやってきます。

Dublin: ferries create waves that can be ridden for four minutes

画像出典:SURFERTODAY

遠浅なので航跡波のうねりは消える事なく岸近くまでやってくるとブレイクし、驚くことにサーフィンが可能な波になります!

波質がトロ厚いので、ショートボードでは厳しいのですが、浮力のある長い板であればクルーズを楽しめます。

その中でもSUPであればオール状のパドルが大きな推進力を生むため、航跡波に対して最適の乗り物になります。

Francois Colussi: he is a local ferry wave rider at Dublin Bay

画像出典:SURFERTODAY

ダブリンのローカルはこの航跡波サーフィンをなんと10年以上も前から楽しんでいるらしく、意外にもその歴史が長いことに驚きました。

ローカルによれば航跡波はサイドオフである東寄りの北風か西風の時、波がサイズアップするそうで、干潮の時間帯に大型の船が通れば、サーフィン可能な波の発生確率が上がるそうです。

日によって大型フェリーは2〜5隻がDollymount Beachの沖を通り、最も通る回数の多い時間帯である午後4時半〜午後6時までは、航跡波サーフィンのゴールデンタイムとなります。

船が多く通る時間帯に干潮とサイドオフの風が重なれば、ロングライドも可能で、ローカルサーファーは最高で4分間も乗り続けたことがあるそうです。

船の速度によっても波のサイズが変動しますが、コンスタントに1分以上は乗り続けることが可能な波で、地元のみならずこのユニークな波に乗るためにアイルランド西海岸からやってくるサーファーも少なくないと言います。

あなたもダブリンに行ってみては?

画像出典:wondertrip

アイルランドの都市で、文化の中心地であるダブリンは、ユニークなサーフポイントがあるだけでなく、博物館や美術館、ショッピングに行ったりと、観光に最適な旅行先でもあります。

街の随所にあるパブリッシュパブでは、名物のギネスビールを飲むことができたり、大聖堂やダブリン城などの魅力溢れる歴史的建造物を見ることもできます。

日本からダブリン国際空港への直行便は無く、ヨーロッパの主要な空港を経由するルートが一般的です。

ダブリンの街中にはサーフボードをレンタルできるお店があるので、日本からサーフボードを持っていかなくても航跡波サーフィンを楽しむことができますよ。

世界でもあまり知られていないユニークなサーフィンを一度は経験してみたいものです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • オーストラリア東海岸の穴場的サーフスポット「キャバリタ」でサーフィン
  • ポイントブレイクの宝庫エクアドルでサーフィン!「サン・マテオ」の波とは
  • メキシコのパイプライン!?プエルト・エスコンディードでサーフィン
  • ペルーの首都から近いサーフポイント”プンタ・ロカス”の極上波とは
  • サーフィン大国オーストラリアが誇る「マーガレットリバー」徹底解説
  • 世界トップレベルのビーチブレイク!フランス「ホセゴー」でサーフィン
おすすめの記事