サーフィン大国オーストラリアが誇る「マーガレットリバー」徹底解説

アイキャッチ元画像:Instagram

オーストラリア大陸南西部に位置する「マーガレットリバー/Margaret River」。

サーフィン大国オーストラリアを代表するサーフポイントの一つであるマーガレットリバーは、ワールドクラスの波が炸裂する場所として知られ、世界最高峰のWCTイベント会場にもなっています。

今回はマーガレットリバーの波やサーフトリップに役立つ情報をお届けします。

記事の内容マーガレットリバーの波、水温、注意事項、行き方、関連動画

オーストラリアが誇るサーフポイント「マーガレットリバー」とは

画像出典:FINDtheFUN

サーフィンで言えば東海岸が有名なオーストラリアですが、実は西海岸でも世界有数の波が炸裂するサーフポイントが存在します。

中でも、WCT会場に選ばれている”マーガレットリバー”はサーファーならば一度は耳にした事がある方も多いのではないでしょうか。

西オーストラリア州(WA)の州都であるパースから南に約270kmに位置するマーガレットリバーは、人口約1万人の町です。

画像出典:margaretriver

広大な自然に囲まれたマーガレットリバーはワインの産地としても有名な町で、インド洋沿岸にはぶどう畑が広がります。

森林あり、鍾乳洞あり、150以上のワイナリーありの素敵な観光スポットで、ワイン好きや旅行者が訪れます。

周辺エリアには30以上のサーフポインが存在しますが、マーガレットリバーは波のサイズが大きくなると真価を発揮するビッグウェーブポイントとして、エキスパートやビッグウェイバーが集います。

波乗り太郎
波乗り太郎
マーガレットリバーはワイン好きのサーファーにとって最高のトリップ先だね!

サイズが大きくなるとハワイスケールのパワフルな波がブレイクするんだ!
LABO君
LABO君

マーガレットリバーの波

画像出典:Swellnet

マーガレットリバーでは、とてもパワフルで良質な波がブレイクします。

南アフリカ沖で発生したうねりは西寄りに吹き続ける卓越風「荒れ狂う40度台」によって勢力を強め、世界で最も長い到達距離を誇る大きなエネルギーを持ったグランドスウェルがマーガレットリバーの岩棚にヒットすると、豪快な波が炸裂し、世界レベルの波が姿を現します。

マーガレットリバーのメインブレイク「サーファーズポイント」は、リーフブレイクのポイントで、18ftを超える大きな波でもホールドするビッグウェイブポイントです。

サーファーズポイントの波が大きすぎる場合、南に歩いて3分のリバーマウスは2サイズほど波のサイズが下がるので、ビッグウェーブに自信の無いサーファーでもコンディション次第では楽しめるでしょう。

リバーマウスはビーチブレイクで、波にもパワーがある場所ですが、波が落ち着いている時であれば初心者でも問題なくサーフィン可能です。

コンスタントに頭ほどの波がブレイクしているマーガレットリバーはパワフルな波とスリリングなライディングが楽しめるサーフポイントですが、チャレンジするには勇気が必要なコンディションの時もあります。

だからこそ面白いと思えるサーファーは是非とも訪れるべき、オーストラリアが誇るサーフポイントです。

波乗り太郎
波乗り太郎
メインブレイクの波が大きすぎる時は河口側が少し小さくなるんだね!

コンスタントに大きな波がブレイクするから、中級者以上向けのサーフポイント だよ
LABO君
LABO君

基本情報

サーフィン可能な波のサイズ 3~18ft(0.9~5.5m)
ベストなうねりの向き 南西〜西
オフショア 北東〜東
サーフシーズン 3月〜10月

マーガレットリバーの水温

画像引用:Surf-Forecast

マーガレットリバーの水温は一年を通してあまり差が無いですが、基本的に風が強く、寒くなりがちなので、水温が20度を超える夏の時期(12月〜4月)でもタッパーやスプリングが必要です。

冬の時期(7月〜9月)は水温が15度を下回る事はありませんが、寒がりの方はセミドライが好ましいでしょう。

グローブ、ブーツは不要です。

マーガレットリバーで注意すべき事

マーガレットリバーではヘビーな波とカレントに注意が必要ですが、最も気をつけるべきは”サメ”です。

西オーストラリアはシャークアタック被害が多い事でも知られており、昨年のWCTイベント「マーガレットリバー・プロ2018」開催中に、試合会場の近くにあるグレースタウンで1日に2件のシャークアタックが発生し、安全性を考慮した結果、WCTイベントが急遽中止になる事態が起きています。

素晴らしい波がブレイクする場所でもありますが、サメの目撃情報が相次いで報告されています。

波が良いのに誰も入っていない状況の時は最近サメが出没した為かもしれないので、気を付けましょう。

波乗り太郎
波乗り太郎
確かにオーストラリアは世界でもシャークアタック被害が多い国だから気を付けないと

イルカも多いからサメと見間違える事が多いけど、出来るだけ一人での入水は控えよう
LABO君
LABO君

マーガレットリバーへの行き方


2019年9月1日より、成田と西オーストラリアの州都”パース”を結ぶANAの直行便が新規就航し、マーガレットリバーへのアクセスがしやすくなりました。

パースからマーガレットリバーまではバスで行く事も可能ですが、波が無かった時に備え、レンタカーを借りる事をお薦めします。

車で行く場合は、パースからハイウェイに乗り、ひたすら南に3時間半ほど車で走るとマーガレットリバーに到着します。

マーガレットリバーのポイント周辺には3つの駐車場があるので、よほど混雑していなければ駐車に困る事はありません。

マーガレットリバーの関連動画

今回はWCTイベント「マーガレットリバープロ2019」の開幕直前となる5月25日にメインブレイクで撮影されたCT選手達によるウォームアップ動画をお届けします。

出演サーファー

ジョンジョン・フローレンス
ガブリエル・メディナ
ジョーディ・スミス
レイキー・ピーターソン
キャロリン・マークス
マリア・マニュエル
レオナルド・フィオラヴァンティ
イタロ・フェレイラ

まとめ

画像出典:Youtube

世界中のエキスパートやビッグウェーバーに愛されるマーガレットリバーは、世界屈指のパワフルな波でスリリングなライディングが楽しめるサーフスポットです。

街中はステイしやすい雰囲気に包まれ、素晴らしい観光スポットや多くのワイナリーがあり、ワイン好きのサーファーには特におすすめしたいサーフトリップ先でもあります。

人生に一度は、マーガレットリバーを訪れてみてはいかがでしょうか?

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • ノースカリフォルニアでサーフィンするならココ!サンタクルーズプレジャーポイント!
  • コスタリカで超有名なサーフポイントウィッチィーズロックでサーフィン!
  • ポルトガルでサーフィン!エリセイラ地方の「リベイラ・ディラス」
  • ニューカレドニアでサーフィンするならココ!「ロッシュ・ペルセ」
  • スリランカでサーフィン!有名サーフポイント「ヒッカドゥア」の波とは
  • ニュージーランド南島のサーフポイント4選!サーフトリップにおすすめ
おすすめの記事