世界で最もヘビーな波!?タヒチの「チョープー」でサーフィン!

アイキャッチ画像出典:RobotSpaceBrain

太平洋に浮かぶフランス領ポリネシア最大の島、タヒチ。

タヒチの南東部、海岸を走る国道の途切れた場所には、世界で最も凶暴かつ神秘的なモンスターバレルが炸裂するサーフスポット「チョープー/Teahupo’o」が存在します。

チョープーは世界最高峰の舞台WCTイベントの会場にもなっており、世界の名だたるプロサーファーでさえも”恐ろしい波”と口を揃えて言います。

そんな危険で美しい波が姿を現すチョープーをサーフトリップに役立つ情報と合わせてご紹介します。

ここにタイトルタヒチのサーフスポット「チョープー」の波、行き方、水温、動画

WCT会場でもあるタヒチのサーフスポット「チョープー」の波とは

画像出典:gonewiththewynns

フランス領ポリネシアを形成する118の島々は、約2,470,000k㎡の海域に散りばめられており、このエリアのほとんどがサーフィンの未開拓地で、シークレットなサーフスポットが数多く存在すると言われています。

そして、フランス領ポリネシアの中で最も大きな島がタヒチです。

混雑した海から逃れたいと思っているサーファーにとって、まさに天国のようなタヒチは、ワールドクラスの波がブレイクする場所として、WCTイベント会場にもなっています。

チョープーの世界的に有名なレフトの波は、非常に厚いリップを伴ったモンスターウェーブで、巨大なバレルを形成します。

画像出典:Youtube

世界一パワフルな波と極浅のシャローなリーフでこれまで多くのサーファーが大怪我を負っており、ビッグサイズになった時は相当な実力を持ったエキスパートオンリーとなります。

5月から10月は南氷洋で発生する低気圧から来るうねりが定期的に届き、最もコンスタントにバレルの波が形成されるサーフシーズンとなります。

チョープーでのファーストトライの波は頭くらいのサイズがベストで、南西のうねりを拾い、北風が吹いた時は面が整って乗りやすくなります。

しかし、波のパワーは日本と比べ物にならないほどあるので、注意が必要です。

チョープーは岸からかなり離れたアウターリーフにラインナップがあり、現地では移動手段として水上タクシーを利用するのも良いでしょう。

チョープーの波にチャレンジするサーファーは、とにかく怪我には気を付け、波が大きすぎる場合はコンディションが落ち着くまで辛抱強く待ちましょう。

波乗り太郎
波乗り太郎
こんな迫力のある波、見るだけでも感動しそう!

グランドスウェルが届くと、世界中からビッグウェーバーが集結するよ
LABO君
LABO君

チョープーの基本情報

サーフィン可能な波のサイズ 4~20+ft(0.6~1.8m)
ベストなうねりの向き 南~南西
オフショア
サーフシーズン 5月~10月

 

チョープーへの行き方


日本からタヒチへは、成田からエア・タヒチ・ヌイ航空の直行便が出ています。

フライト時間は約11時間で、月曜日と土曜日の週2本があります。

直行便の日程が合わない場合は成田からホノルル(7時間20分)、ホノルルからタヒチ(5時間50分)。成田からロサンゼルス(10時間)、ロサンゼルスからタヒチ(8時間30分)。成田からオークランド(10時間50分)、オークランドからタヒチ(5時間)の乗り継ぎ便を利用して行く事ができます。

タヒチのファアア国際空港(パペーテ市内)から海岸沿いに南へ車を走らせ、1時間半ほどでチョープーに到着します。

チョープーの水温

画像出典:WeatherSpark

タヒチは年間を通して水着でのサーフィンが可能なほど海水温が温かいサーファーの楽園です。

しかし、”太陽の国”とも呼ばれているポリネシアでは日差しが強く、紫外線は日本の4倍と言われているので、紫外線対策は徹底しましょう。

チョープーの動画

まとめ

画像出典:Instagram

以上、世界で最もヘビーな波が炸裂するタヒチの「チョープー」のご紹介でした。

極厚のリップが伴った大きなバレルは、世界で戦うプロサーファーでさえも恐れをなすほどのパワーがあり、下にはシャローなリーフが待ち構えています。

チョープーは世界最高峰の舞台WCTのメンズイベント会場にもなっており、2019年のウェイティングピリオドは8月21日~9月1日となっています。

ワールドクラスの波を見てみたい方は、タヒチを訪れてみては?

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
SURFPOINTの関連記事
  • ニュージーランド南島のサーフポイント4選!サーフトリップにおすすめ
  • サーフィン大国オーストラリアが誇る「マーガレットリバー」徹底解説
  • 世界で最もヘビーな波!?タヒチの「チョープー」でサーフィン!
  • オーストラリアの人気町バイロンベイでサーフィンするなら「ザ・パス」
  • 【フィリピン】「クラウド9(ナイン)」でサーフィン!波や行き方
  • 世界最長のレフトバレル波!?ナミビアのスケルトンベイでサーフィン
おすすめの記事