サーフトリップに最適な種子島でサーフィン!ポイントや行き方など役立つ情報まとめ

(アイキャッチ画像引用:サンとまちの種子島散歩日記

鹿児島本土から40kmの場所に位置する種子島(たねがしま)は、サーフポイントが数多く点在し、その日の風をかわしてくれるポイントが必ずある、サーファーにとってまさに、”楽園”のような島です。

今回は、ゴールデンウィークも迫っているという事で、国内サーフトリップ先におすすめな種子島の役立つ情報をお伝えします。

南国のような温暖な気候と極上のファンウェーブを求め、種子島へのサーフトリップを計画してみては?

記事の内容種子島の

  • 島の詳細
  • 気候
  • おすすめサーフポイント
  • 行き方
  • 現地のリアルな情報が手に入るブログ

サーファーの天国!?種子島ってどんな所?

種子島サーフィン

画像出典:Youtube

人口約3万人の種子島は、鹿児島本土から南へ洋上距離40kmの場所に位置し、南北に57km、東西に4km〜12kmの細長い種子のような形をし、神奈川県横浜市とほぼ同じ広さ(面積444.30km2)の島です。

大自然に囲まれた島内には、アウトドアレジャーなど、多くの観光スポットが存在します。

種子島といえば、宇宙開発の重要な拠点で、国内有数のロケット発射場のある「種子島宇宙センター」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

南北に57kmの種子島は、島の端から端まで約1時間半で行ける為、島の反対側にある最も遠いサーフポイントの波をチェックしに行ったとしても半日で戻って来ることができるのは、サーファーにとって大きな魅力ですね。

さらに、海水は青く透き通り、その美しいマリンブルーは別名、種子島ブルーとも呼ばれ、島を訪れたサーファーや海水浴客を魅了します。

波乗り太郎
波乗り太郎
種子島って、良い波の宝庫らしいねぇ〜

その通り!さらに温暖な気候で、過ごしやすい島だよ
LABO君
LABO君

種子島は南国のような気候

温帯性気候の地域にある種子島は、年間を通して暖かい気候に恵まれています。

年間の平均気温を以下にまとめたので持っていく服装の参考にして下さい。

1月 10.4℃
2月 13.8℃
3月 13.7℃
4月 17.4℃
5月 21.0℃
6月 24.1℃
7月 27.2℃
8月 28.2℃
9月 26.5℃
10月 22.3℃
11月 18.2℃
12月 13.3℃

種子島の気になるウェットスーツ事情

冬はそれなりに肌寒い気温になる種子島ですが、黒潮の影響により海水温が下がりづらい為、冬が迫ってくる10月に入ってもフルスーツは必要ありません。

真冬の海水温も20℃に近く、3mmのフルスーツのみで十分です。

5月に入るとフルスーツの必要が無くなり、身軽なウェットスーツでサーフィンを楽しめますよ。

波乗り太郎
波乗り太郎
海水温が下がりづらいのはサーファーにとって最高の環境だね!

黒潮は、南からの暖かい海水を運んで来てくれるんだよ
LABO君
LABO君

種子島の有名なサーフポイント

186kmの海岸線を有している種子島の中にはサーフポイントが多く点在しています。

サーフポイントによって、ボトムがリーフや玉石、ビーチと異なるので、様々な波質が楽しめます。

種子島の極上の波にハマり、移住したサーファーも多いんだとか。

そんなサーファーにとって楽園のような種子島に訪れたらチェックしたい、おすすめサーフポイントをご紹介します。

種子島サーフポイント

鉄浜(かねはま)

種子島サーフィン

画像引用:オリジン

西之表市の市街地から車で20分の場所に位置する種子島でメジャーなサーフポイントの一つである鉄浜ポイント。

トイレやシャワー、更衣室を完備し、駐車場も広い為、多くのサーファーが訪れる人気のポイントです。

ビーチブレイクですが、パワーのある波が特徴的で波が頭サイズの時に真価を発揮します。

波が良くなると混雑しやすいポイントでもあるので、人との衝突には注意が必要です。

地形:ビーチ

うねりの向き:北東〜南東

オフショア:北西〜西

竹崎海岸

画像引用:Youtube

島内で一際目立つピンク色をした有名な岩崎ホテル前にある竹崎海岸(通称「ホテル前」)は、良い波が立つ事で、JPSAイベントの会場にもなっています。

竹崎海岸は南東のうねりをキャッチし、ゾウのような形をした大きな岩が東風をブロックしてくれます。

コンスタントにサーフィンが可能なポイントで、ビーチ左奥の岸壁脇でブレイクするレギュラーの波が決まりやすいので要チェックです。

地形:ビーチ

うねりの向き:南東〜南

オフショア:北〜北東

住吉(すみよし)

画像引用:オリジン

台風などの大きなうねりが住吉港の洗濯岩にヒットすると、パーフェクトバレルが姿を現す上級者におすすめなサーフポイントです。

波のサイズがダブルを超えてもサーフィンは可能ですが、ボトムがリーフで水深も浅い為、下手にワイプアウトすると怪我の恐れもあるので、注意しましょう。

地形:リーフ

うねりの向き:南西

オフショア:北東

屋久津(やくつ)

種子島サーフィン

画像引用:Surf Villa narai

種子島の中で最も長いビーチの長浜海岸の南端にある屋久津ポイントは、東シナ海を低気圧が抜けた時、ローカルサーファー達が最初にチェックするポイントと言われているポイントで、台風シーズンに訪れたいおすすめサーフポイントです。

波が大きくなっても乗りやすいファンウェーブを楽しむ事ができます。

地形:ビーチ

うねりの向き:西

オフショア:南東

波乗り太郎
波乗り太郎
ビーチブレイクの他にも、上質なリーフブレイクもあるのか!

今回紹介したポイントの他にも、良い波が立つポイントはたくさんあるから、その日の風をかわしそうな場所に移動してみてね
LABO君
LABO君

種子島への行き方

種子島サーフィン

種子島への行き方は、鹿児島県からのルートになり、以下の3通りの交通手段があります。

  1. 鹿児島空港から飛行機
  2. 鹿児島港から高速船
  3. 鹿児島港からフェリー

上記の交通手段について、詳しく説明していきます。

鹿児島空港から飛行機で行く

メリット

・約40分の短時間で種子島へ渡る事ができる

デメリット

・ロングボードが積めない

・運賃が高い

鹿児島空港から種子島空港へ飛行機が出ています。

飛行機は小型機で、収納スペースに限りがある為、ロングボード等の長い荷物を預け入れる事ができません。

ショートボードでも、他の荷物との兼ね合いにより、預け入れできない場合があります。

短時間で行ける事は魅力ですが、サーフボードが積めない事があると考えておきましょう。

種子島行きの飛行機の運賃・予約はこちら。

鹿児島港から高速船で行く

メリット

・1時間半で種子島へ行く事ができる

デメリット

・ロングボードが持ち込み不可

種子島へ出ている高速船は、「トッピー」と「ロケット」の2つがあります。

サーフボード1本、片道1000円で持ち込む事ができますが、ロングボードは持ち込み不可なので、ご注意を。

サーフボードは手荷物としての持ち込みになるので厳重な梱包の上、自己管理を徹底しましょう。

高速船トッピー&ロケットの運賃・予約はこちら。

鹿児島港からフェリーで行く

メリット

・自分の車を種子島へ運べる

デメリット

・波が高い時は揺れやすく、船酔いしやすい

マイカーで種子島のサーフポイントを巡りたいとお考えの方はフェリーを利用しましょう。

約3時間半の船旅を楽しめますが、海の状況によっては船体が揺れるので、船酔いしやすい方は船酔い止めをお忘れなく。

サーフボード(ロングボードも可)は1本510円で持ち込み可能です。

フェリーは「プリンセスわかさ」と「はいびすかす」の2隻があります。

ちなみに、フェリー乗り場には、島内のサーフポイントが書かれたパンフレットが置いてあるので入手しておくと便利ですよ。

プリンセスわかさの運賃・詳細はこちら。

はいびすかすの運賃・詳細はこちら。

波乗り太郎
波乗り太郎
フェリーなら、ロングボードと自分の車も持っていけるんだね!
自分に合った交通手段を選んでみてね!
LABO君
LABO君

種子島のリアルな情報が手に入るブログ4選

種子島サーフィン

種子島を訪れる前に、チェックしておくべきブログをご紹介します。

現地のリアルな波情報や最新情報を収集しておけば、種子島トリップをさらに楽しめる事間違いなしです。

サーフショップ「オリジン」のブログ

種子島を代表するサーフショップ「オリジン」のブログは、波情報などの種子島に関するサーフィン情報をオリジンのオーナーさんが更新しています。

オリジンは西之表にあるので、種子島を訪れた際に寄ってみては。

種子島のサーフショップ「オリジン」のウェブサイトはこちら。

トップページ左上のNEWS TODAYからブログへアクセスできます。

サンとまちの種子島散歩日記

南種子町にあるサーフショップ「サウスボーダー」のブログです。

最新サーフィン情報や、種子島のイベント情報などを知る事ができ、更新頻度が高いので、種子島を訪れる方は要チェックです。

サンとまちの種子島散歩日記はこちら。

UNERISURF 種子島移住サーフィン波情報

東京から種子島へ移住したサーファーのブログです。

種子島のサーフポイント情報や波情報、現地での暮らしを更新している方で、とても楽しく拝見できます。

UNERISURF 種子島移住サーフィン波情報はこちら。

波乗り太郎
波乗り太郎
サーフトリップにおいて、現地の情報はとっても大事!

レアな情報も知れるかもね〜
LABO君
LABO君

まとめ

種子島サーフィン

以上、種子島へのサーフトリップに役立つ情報でした。

美しい自然に囲まれた波の宝庫、種子島は温暖な気候に恵まれ、海水温も1年を通して暖かく、サーファーにとって、まさに楽園のような島ですよね。

今回お伝えした鉄浜、ホテル前、住吉、屋久津のサーフポイント 以外にも良い波がブレイクする場所がたくさんあり、必ずどこかで風をかわしているポイントがあるので、その日の風を考慮して、行き先を決める事をおすすめします。

日本屈指のサーフアイランド種子島へ、サーフトリップに行かれてはいかがでしょうか?

波乗り太郎
波乗り太郎
種子島、めちゃくちゃ行きたいな〜〜

きっと最高のサーフトリップになるんじゃないかな!
LABO君
LABO君

サーフラボ公式LINEに登録して最新情報を毎日GET!

友だち追加

スポンサーリンク

関連キーワード
  • ノースカリフォルニアでサーフィンするならココ!サンタクルーズプレジャーポイント!
  • コスタリカで超有名なサーフポイントウィッチィーズロックでサーフィン!
  • ポルトガルでサーフィン!エリセイラ地方の「リベイラ・ディラス」
  • ニューカレドニアでサーフィンするならココ!「ロッシュ・ペルセ」
  • スリランカでサーフィン!有名サーフポイント「ヒッカドゥア」の波とは
  • ニュージーランド南島のサーフポイント4選!サーフトリップにおすすめ
おすすめの記事